シカポンの効能・用量・副作用など

シカポンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 松田薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

シカポンの特徴

〈シカポン〉は各種化膿菌に対し殺菌作用のあるアクリノール水和物や,広範囲の細菌に抗菌力のあるスルファジアジンを主成分とし,更に肉芽の発生や表皮の形成を促進させるビタミンD2を配合しています。また基剤として,患部の分泌物をよく吸着するポリエチレングリコール軟膏を使用していますので,二次感染を防ぎ患部の治癒をより早める効果があります。

シカポンの効能効果

火傷,切傷,すり傷,おでき,とびひ

シカポンの用法用量

1日1?2回適量を患部に塗布するかガーゼ等にのばして貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。
万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,症状が重い場合には眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)分泌物の多いときは本品の適量を塗りつけ,その上にガーゼを重ねて吸い取らせ,1日2?3回ガーゼを取換えてください。

シカポンの成分分量

100g中
スルファジアジン 5g
アクリノール水和物 0.1g
エルゴカルシフェロール 0.35mg
(添加物)
ポリエチレングリコール,香料

シカポンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が広範囲の人。
(4)湿疹やただれのひどい人。
(5)深い傷やひどいやけどの人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

シカポンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

シカポンが気になる人向けのコラム

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

すりごまふりかけダイエットとは

すりごまふりかけ
すりごまふりかけダイエットとは、ごはんの上に、すったごまをふりかけて食べるダイエットです。スプーン1杯のすりごまをごはんにかけるだけなので楽ちんなダイエットです。楽なだけではなく、ごまは抗酸化成分が豊富で健康食品として... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

夏の子どもの健康トラブル-夏かぜ・脱水症・いぼ・水泡の対処法

夏は、子どもが感染症に悩まされることの多い季節です。保育所、幼稚園などの集団生活やプール遊びなど、感染する機会はいろいろあります。今回は、夏に気をつけたい子どもの主な感染症を取り上げます。
夏にもかぜがはやります。いわゆる「夏かぜ」で... 続きを読む

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む