スキンヘルプ〈クリーム〉の効能・用量・副作用など

スキンヘルプ〈クリーム〉の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 万協製薬
販売会社 横山製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

スキンヘルプ〈クリーム〉の特徴

環境による湿度の低下や,年齢にともなう皮脂腺の機能の低下によって皮膚が乾燥し,かゆみが起こります。
スキンヘルプ〈クリーム〉はかゆみを抑える有効成分クロタミトンの働きで,かゆみを抑え,グリチルレチン酸の働きで,かゆみの原因,炎症をしずめます。またイソプロピルメチルフェノールが我慢できずにかきむしった傷の殺菌・消毒をします。かきむしったあとの皮膚に塗ってもしみないかゆみ止めです。

スキンヘルプ〈クリーム〉の効能効果

かゆみ,かぶれ,湿疹,虫さされ,じんましん,しもやけ,皮膚炎,あせも,ただれ

スキンヘルプ〈クリーム〉の用法用量

1日数回適量を患部に塗布又は塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。

スキンヘルプ〈クリーム〉の成分分量

100g中
クロタミトン 5g
グリチルレチン酸 1g
イソプロピルメチルフェノール 0.5g
(添加物)
ステアリルアルコール,セタノール,トリエタノールアミン,パラベン,プロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポリソルベート60,カルボキシビニルポリマー,セバシン酸ジエチル

スキンヘルプ〈クリーム〉の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないでください。
目のまわり,粘膜など。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,乾燥感,刺激感,熱感,ヒリヒリ感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

スキンヘルプ〈クリーム〉の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

スキンヘルプ〈クリーム〉に効果効能が似た薬

スキンヘルプ〈クリーム〉が気になる人向けのコラム

肌がかゆいのは乾燥肌が原因? かゆみを防ぐ4つのセルフケア法

冬になるとすねや腕がかゆくてたまらないという人、結構多いのではないでしょうか。その原因の多くは肌の乾燥です。特に高齢者は肌が乾燥しやすいため、かゆみに悩まされる人が多いのですが、最近では、若い人にも乾燥によるかゆみを訴える人が増えています... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

温泉は海・山・森と効能が違う-体調にあわせた温泉の選び方

疲労回復や身心のリラックスを兼ねて、週末に、温泉旅行を計画している方も多いことでしょう。温泉につかるとリフレッシュできて、より健康になった気がしますね。これは、温泉がもつ4つの効能、「温熱」「水圧」「浮力」「含有成分」によるものです。 ... 続きを読む