スラジン‐軟膏の効能・用量・副作用など

スラジン‐軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

スラジン‐軟膏の特徴

●じんましん・かゆみにすぐれた効きめをあらわします。
●患部がカサカサしているときでも,ジュクジュクしているときでも使える,保護力の強い油脂性基剤を使用しています。
●のびがよいので広範囲に塗りやすく,香りのよい白色の軟膏です。

スラジン‐軟膏の効能効果

じんましん,かゆみ,かぶれ,湿疹,皮膚炎,ただれ,あせも,虫さされ,しもやけ

スラジン‐軟膏の用法用量

1日2?3回,患部に適量を塗布します。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。

スラジン‐軟膏の成分分量

ジフェンヒドラミン 0.01
dl-メチルエフェドリン 0.005
テシットデシチン 0.05
酸化亜鉛 0.05
(添加物)
パラベン,ゲル化炭化水素,香料(フェニルエチルアルコール,ベンジルアルコールを含む)

スラジン‐軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

スラジン‐軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

スラジン‐軟膏に効果効能が似た薬

スラジン‐軟膏が気になる人向けのコラム

「お香」で心も体もリラックス-日本のお香が体にいい理由

白檀(びゃくだん)のお線香のにおいや新しい畳のにおいをかいだとき、小さいころ行った田舎のおばあちゃんの家を思い出したり、香水のにおいから大好きだった人のことを思い出したり、香りによって懐かしいできごとや人の記憶がよみがえることはありません... 続きを読む

トコトリエノール

近年機能性が注目される成分で、ビタミンEの一種です。ビタミンEには抗酸化作用がありますが、トコトリエノールも同じように、体の細胞が酸化するのを防ぐ役割があります。 「 実はビタミンEには、8種類あるんです。その半数が『トコトリエノール』で... 続きを読む

ベランダでハーブを育てよう! 5つの注意点とハーブの効能

忙しい状態が続くと、心にゆとりを失いがちになります。自然に触れる機会の少ない都会では、なおさらですね。
自然は、たとえ小さな草花でも、四季の移り変わりなど私たちに多くのことを教えてくれます。実際に自分で育てた草花ならば、成長していく姿を... 続きを読む

春のストレスや不安感やイライラをアロマで解消-オイルの使い方

はるか昔から世界のさまざまな地域で、その土地でとれる植物の力や人の手などを利用した自然療法が、家庭でも一般的に行われていました。今日のように西洋医学が普及していなかった時代には、身近に手に入れやすい材料を利用して体の不調を治すことが、あた... 続きを読む

疲れやストレスにはグレープフルーツのアロマオイルがおすすめ

ストレスや疲れがたまったときは、理由もなく無気力になったり、集中力が低下したり、精神的にも不安定になりがちです。
フルーツでおなじみのグレープフルーツの学名はCitrus paradisiといい、「パラダイスのシトロン(ミカン)」という... 続きを読む