ダイヤゾンG軟膏の効能・用量・副作用など

ダイヤゾンG軟膏の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 新生薬品
販売会社 ミヤリサン製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ダイヤゾンG軟膏の特徴

◆炎症をしずめる……グリチルレチン酸・ジフェンヒドラミンが,炎症(皮膚の赤み,はれ,ほてり等の炎症)をしずめ,湿疹・かぶれ・じんましん・かゆみをおさえます。
◆痛み・かゆみを止める……ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)・ジブカイン(局所麻酔剤)が,炎症にともなう痛み,かゆみをおさえます。
◆殺菌・消毒する……イソプロピルメチルフェノールの強力な殺菌消毒作用が,バイ菌におかされやすくなった患部を感染から守ります。
◆患部の治りを早める……患部になじみ,違和感のない,クリームタイプです。さらに,トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE剤)は皮膚から吸収され,血行をよくします。

ダイヤゾンG軟膏の効能効果

湿疹,かゆみ,じんましん,皮膚炎,ただれ,かぶれ,あせも,しもやけ,虫さされ

ダイヤゾンG軟膏の用法用量

1日数回,患部に適量を塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないようご注意ください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。

ダイヤゾンG軟膏の成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1g
ジブカイン 0.1g
グリチルレチン酸 1g
トコフェロール酢酸エステル 0.5g
イソプロピルメチルフェノール 1g
(添加物)
ラウロマクロゴール,ワセリン,ステアリン酸,セタノール,プロピレングリコール,マクロゴール,ステアリン酸マクロゴール,スクワラン,ミリスチン酸イソプロピル,ステアリン酸グリセリン,自己乳化型ステアリン酸グリセリン,ラウリル硫酸ナトリウム

ダイヤゾンG軟膏の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の方は使用の前に医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている方
(2)本人又は家族がアレルギー体質の方
(3)今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことがある方
(4)湿潤やただれのひどい方
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師にご相談ください。
(1)使用後,発疹・発赤,かゆみ,はれ等の症状があらわれた場合
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

ダイヤゾンG軟膏の保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない涼しい所に,密栓して保管してください。
(3)誤用を避け,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)使用期限(外箱記載)をすぎた製品は使用しないでください。

ダイヤゾンG軟膏が気になる人向けのコラム

すい臓のはたらきとは? すい臓が分泌するホルモンの役割について

すい臓は一般にあまりなじみのない臓器の1つです。おなかの中のどのあたりにあるか、正確にいえる人は少ないのではないでしょうか。位置はみぞおちとへその間くらいの高さのところですが、体の前正面から見ると胃の裏側になり、一部は大腸からも隠れてむし... 続きを読む

ラブレ菌

ラブレ菌とは、植物性乳酸菌の一種。お馴染みの乳酸菌にも、植物性と動物性があるのです。「前者は野菜や穀物を発酵させ味噌や漬物を作る乳酸菌で、後者は乳など動物性素材を発酵させヨーグルトやチーズを作る乳酸菌です。
ラブレ菌は十数年前に、京都... 続きを読む

コンタクトレンズによる眼のトラブルに要注意-正しいレンズ選びとは

コンタクトレンズは、薬事法上で「高度管理医療機器」に指定され、取り扱いや装着には注意が必要となります。眼科では、適正な視力をはかってくれるのはもちろん、一人一人異なる目の表面のカーブまで調べ、その人にフィットしたレンズを選んでくれます。 ... 続きを読む

心の病気を予防する-こんな症状は要注意13のセルフチェック

現代社会を生きていくのに、ストレスと無縁ではいられません。「いや、私は一度もストレスを感じたことがない」といえる人がもしもいるとしたら、それはとても幸せな人だといっていいでしょう。なにしろ、「国民の2人に1人は過去1カ月間にストレスを感じ... 続きを読む

喉頭がんの基礎知識 病気の特徴とがんが発生する3つの部位|検査方法

「喉頭」とは、舌のつけ根(舌根)から気管までをつなぐ部位をいいます。
喉頭は、「声を出す(発声機能)」、「空気の通り道(気道)を確保する」、「食べ物を気管に通さないようにする(誤嚥防止)」という大変重要な役割をしています。
国立がん... 続きを読む