テイカパップ?ハイの効能・用量・副作用など

テイカパップ?ハイの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 テイカ製薬
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

テイカパップ?ハイの特徴

○タテ・ヨコ伸縮自在で手軽に使用できる清涼感のある外用消炎・鎮痛パップ剤です。
○保水性・吸水性があり、汗だれもなく、粘着性は強く持続性があります。

テイカパップ?ハイの効能効果

打撲、捻挫、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、しもやけ、筋肉疲労、骨折痛

テイカパップ?ハイの用法用量

1日1?2回,表面のプラスチックフィルムをはがして,患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)患部が汗等でぬれている時は,よくふき取ってから使用してください。
(3)使用法を厳守してください。

テイカパップ?ハイの成分分量

100g(850cm2)中
l-メントール 0.3g
ハッカ油 1.0g
dl-カンフル 0.5g
ユーカリ油 0.1g
(添加物)
酸化チタン、水酸化Al、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒマシ油、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、カルメロースNa、無水ケイ酸、D-ソルビトール、グリセリン、ポリソルベート80、酒石酸、エデト酸Na

テイカパップ?ハイの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書(アルミ袋)を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書(アルミ袋)を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

テイカパップ?ハイの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密封して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

テイカパップ?ハイに効果効能が似た薬

テイカパップ?ハイが気になる人向けのコラム

子宮のはたらきとは? 女性ホルモンは妊娠にも病気にも関係してる?

1個の精子を受け入れた卵子(受精卵)を着床させ、出産までの長い時間、胎児を保護し育む部屋、それが子宮です。骨盤に囲まれた空間のほぼ中央、直腸と膀胱(ぼうこう)にはさまれ、左右を靭帯(じんたい)で支えられて浮かぶように位置しています。
... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

夏バテはの原因は暑さだけではない?自律神経の乱れが原因かも

まだまだ暑い日が続きます。この時期、食欲がない、疲れやすくだるい、眠れない、胃腸の調子が悪いといった夏バテの症状に見舞われている人が少なくないのでは?
昔は夏バテといえば、高温多湿による「暑さ負け」でしたが、現代型の夏バテはこれに加え、過... 続きを読む

夏は足が冷える? 冷えからくる足のむくみ おすすめの解消法

最近、「足のむくみ」が気になるという人はいませんか?
寒い冬のほうがむくみやすそうなイメージがありますが、実は足のむくみが気になるのは夏。Googleトレンドで検索傾向を調べてみると、ここ数年での「むくみ」の検索数は6月、7月頃がピーク... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む