ネオ・パスタノーゲンの効能・用量・副作用など

ネオ・パスタノーゲンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 北都製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ネオ・パスタノーゲンの特徴

ネオ・パスタノーゲンは,トウガラシチンキ,dl-カンフル,サリチル酸メチル,ハッカ油などの有効成分が患部の血流を増加させ,こりや,痛みを治療する,温熱タイプのパスタ剤です。
激しいスポーツの後の筋肉疲労にも効果的です。

ネオ・パスタノーゲンの効能効果

神経痛,リウマチ,筋肉痛,肩こり,打撲,捻挫,筋肉の疲労

ネオ・パスタノーゲンの用法用量

患部に塗擦,又は紙片・布片に塗りのばし貼付する。
1日数回,適宜量を使用する。
(用法関連注意)
(1)はじめて使用するときは,少量を患部に直接すり込む方法からはじめ,刺激の強すぎない使用量を見つけてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)小児の場合は保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(5)刺激が必要以上に増強されることがあるので入浴前に本剤を使用しないでください。
(6)本剤の乾燥したほこりを吸い込むとセキ,クシャミが出るので注意してください。
(7)本剤に含まれる色素(トウガラシの色素)が衣類に付着することがあるので注意してください。

ネオ・パスタノーゲンの成分分量

100g中
トウガラシチンキ 30mL
ハッカ油 2mL
dl-カンフル 0.2g
サリチル酸メチル 0.2g
(添加物)
カルメロースナトリウム

ネオ・パスタノーゲンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないでください。
(1)本剤による過敏症状(発疹,かゆみ,浮腫等)を起こしたことがある人
(2)7歳未満の幼児(本剤の刺激作用が苦痛になることがある)
2.次の部位には使用しないでください。
(1)粘膜(眼,口,鼻,肛門,その他刺激に敏感な部位)およびその周囲
(2)傷口ややけどおよびその周囲
(3)皮ふ病(ただれ,かぶれ,感染症など)の患部およびその周囲
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください。
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)医師の治療を受けている人
(4)深い傷やひどいやけどのある人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談してください。
(1)使用後,発疹やかゆみの症状が現れた場合
(2)5?6日使用しても症状がよくならない場合

ネオ・パスタノーゲンの保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)なるべく涼しいところに保管してください。(保存剤を使用していません。)
(3)使用期限が過ぎた商品は使用しないでください。開封後はフタをしっかりとしめ,使用期限内であっても,品質保持の点から,なるべく速やかに使用してください。
(4)携帯の目的で本剤に添付されている携帯容器を使用する場合以外は,他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(5)本剤に添付されている携帯容器を使用する場合は,携帯の目的に限り,必要な量のみを入れ,1週間以上の保管はしないでください。
(6)本剤のチューブはアルミニウムの性質上,折り曲げたりのばしたりを繰り返すと,ヒビ割れを起こすことがあるので注意してください。ヒビ割れを防ぐために次のことに注意してください。
1)チューブの後端の方から順に押し出して平らな状態で使用するか,平らな状態になったところから巻き込むようにして使用してください。
2)一度,巻き込んだり,折り曲げたところはのばさないでください。
(7)本製品の色は原料のトウガラシによる天然の色素のため,お求めのときにより,色の濃さに差があることがありますのでご了承ください。

ネオ・パスタノーゲンに効果効能が似た薬

ネオ・パスタノーゲンが気になる人向けのコラム

ココアダイエットで便秘を解消!

ココア
ダイエットというと、極端な食事制限や絶食をしたり、きつい運動を無理に行って痩せようとする人が時折見受けられます。

しかしこれらの極端な食事制限やきつい運動を行うダイエットは身体に多大な負担を与えるばかりではなく、胃腸の調子... 続きを読む

ハッカ(薄荷)

ハッカは全世界で栽培されるシソ科のハーブで、英名はミント。大きく分けて、昔から日本で栽培されていた日本ハッカと、外来種である西洋ハッカ(ペ パーミント)があります。 「 ハッカの葉をもむと、スーッとする独特な清涼感が感じられます。これはハ... 続きを読む

気功入門-3つの入門用エクササイズ|体と心の緊張を解いてリラックス

「気功」は中国古来の哲学や医学に基づく健康法。中国や台湾では太極拳のように、健康のために公園などで行われています。東洋医学では、体の中を気・血・水(き・けつ・すい)の3つが巡っていると考えます。「血」は血液、「水」は血液以外の体液、「気」... 続きを読む

短い時間で楽々!筋肉緊張ダイエット

筋肉緊張
自分が痩せたいと思っている体の筋肉に力を入れる、これが筋肉緊張ダイエットです。脂肪を燃焼させることから常態変換法ダイエットととも呼ばれたりすることがあります。手順は至ってシンプルです。胸の筋肉の引き締めを行う場合は、胸を張り、... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む