パーカーフェン「コジマ」の効能・用量・副作用など

パーカーフェン「コジマ」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 名旭製薬
販売会社 コジマ薬局
医薬品区分 一般用医薬品

パーカーフェン「コジマ」の効能効果

あせも,ただれ,かゆみ止

パーカーフェン「コジマ」の用法用量

1日2?3回塗布又はガーゼにのばして貼付
(用法関連注意)

パーカーフェン「コジマ」の成分分量

1g中
酢酸ヒドロコルチゾン 5mg
ジフェンヒドラミン 5mg
チアントール 50mg
アミノ安息香酸エチル 10mg
酸化亜鉛 362mg
(添加物)
ミツロウ,ゴマ油,バレイショデンプン

パーカーフェン「コジマ」に効果効能が似た薬

パーカーフェン「コジマ」が気になる人向けのコラム

腹痛の原因となる病気 3-ストレスで悪化する過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、腸の検査や血液検査をしても異常が認められないのに、腹痛や下痢・便秘などの便通異常を中心とする消化器症状が長く続く病気です。ストレスが症状を悪化させる要因となり、日本を含む先進国で多くみられます。
日本人の10~15%が... 続きを読む

デリケートゾーンのかゆみの原因は? 意外と多い皮膚トラブル

婦人科に来られる患者さんのさまざまな訴えのなかで、生命にかかわることはほとんどないのに、患者さんをひどく悩ませるのがデリケートゾーンのかゆみです。
多くの場合、陰部や腟にはっきりした荒れや腫れがあってかゆみが出ていますが、そうした異常が... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

女性のデリケートゾーンのかぶれやかゆみ解決法-蒸し暑い季節は要注意

暑い日が続きますね。ただでさえ蒸し暑いのに、月経期のデリケートゾーンは生理用ナプキン(以下ナプキン)によって密閉され、非常に蒸れやすい状態になります。
そのため、もともと角質層が薄く刺激に弱い、文字通りデリケートな外陰部の皮膚はふやけて... 続きを読む

カンジタ膣炎は誰にでも起こりうるって本当? 実は完治が難しい

「陰部がむずがゆい」「かゆみで寝つけない」「おりものが多くて気持ち悪い」といった症状は多くの女性が経験しています。なかには、同じような症状をくり返して日常生活に差しさわったり、何度も病院やクリニックに通ったことがある方もいらっしゃるかもし... 続きを読む