パップデスカの効能・用量・副作用など

パップデスカの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 テイカ製薬
販売会社 広田薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

パップデスカの特徴

パップデスカは、痛み、はれをおさえるパップ剤で、伸縮性を有していますので、ひじ・ひざなどの関節部位の湿布にも効果的です。

パップデスカの効能効果

打撲、捻挫、筋肉痛、肩こり、腰痛、関節痛、しもやけ、筋肉疲労、骨折痛

パップデスカの用法用量

1日1?2回、表面のプラスチックフィルムをはがして、患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)患部が汗等でぬれている場合には、よくふき取ってから使用してください。
(3)使用法を厳守してください。

パップデスカの成分分量

100g(850cm2)中
l-メントール 0.3g
ハッカ油 1.0g
dl-カンフル 0.5g
ユーカリ油 0.1g
(1枚7.5×14.0cm2。伸縮性)
(添加物)
酸化チタン、水酸化Al、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒマシ油、ポリアクリル酸Na、ポリアクリル酸、カルメロースNa、無水ケイ酸、D-ソルビトール、グリセリン、ポリソルベート80、酒石酸、エデト酸Na

パップデスカの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位に使用しないでください
(1)目の周囲、粘膜等。
(2)湿疹、かぶれ、傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書(アルミ袋)を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この説明文書(アルミ袋)を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください

パップデスカの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密封して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる場合があります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

パップデスカが気になる人向けのコラム

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

ランニングの健康メリット-正しいフォームで楽しく走るコツ

ランニングブームもすっかり定着し、最近は街なかや公園でたくさんのランナーを見かけます。2007年に始まった東京マラソンをはじめ、全国各地の市民マラソン大会も盛況。自分も走ってみたい、レースに参加してみたいと思っている人も多いのではないでし... 続きを読む

デスクワークで硬くなった太ももをストレッチ-猫背と腰痛も改善

デスクワークなどで長くいすに腰かけていると、つい猫背になって腰が丸まってしまいがちです。その姿勢のままパソコン作業を続けたり、書類のチェックを続けたりすると、ますます腰が丸まり、腰の負担が大きくなります。それだけでなく、股関節の動きが悪く... 続きを読む

一日の足の疲れをとってリラックス-おやすみ前の足のストレッチ

足は体の中で一番の働き者。夕方になると足が疲れてだるくなったり、むくんだりすることはありませんか?
とくに立ち仕事や座りっぱなしのデスクワークが続くと足の血行が滞り、むくみやだるさがひどくなりがちです。足が疲れると全身の血行が悪くなって、... 続きを読む

これならいつでもどこでもできる足の冷えとむくみ対策ストレッチ

座ったまま、あるいは立ったまま長い時間仕事をしていると、足が冷えたりだるくなったり、夕方にはむくんでぱんぱんになったりしますね。これは、動かないことで筋肉のポンプ作用が低下し、下半身の血液やリンパ液を心臓に戻す働きが悪くなっているために起... 続きを読む