ヒフカAの効能・用量・副作用など

ヒフカAの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 液剤
製造販売会社 松田医薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ヒフカAの特徴

赤ちゃんは勿論 パパもママもどうぞ

ヒフカAは使いやすい薬用液状ポーダーです。
ヒフカAは皮膚病になりやすい暑い季節には,大変便利な常備薬です。汚れやすく,細菌に弱い赤ちゃんの皮膚にも好適なあせも,湿疹,かゆみの治療薬です。
特徴
天然成分あんず抽出物を配合し,肌にやさしく,赤ちゃんからお年寄りの方,皮膚の敏感な方まで幅広くお使いいただけます。ひんやり,さらっとしたつけ心地で,乾きも早く,べとつきません。

ヒフカAの効能効果

あせも,かゆみ,湿疹,ただれ,皮膚炎,じんましん,かぶれ

ヒフカAの用法用量

1日数回患部を清潔にして適量を塗布してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合にはすぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診察を受けてください。
(3)外用にのみ使用すること。(●本剤を内服しないでください。)
(4)使用前によく振とうしてご使用ください。
(5)定められた用法及び用量を守ってください。
(6)極めてまれに化粧品や薬品にかぶれやすい特異体質の方がいらっしゃいます。このような方は少量を皮膚の柔らかい部分につけて異常が起こらないことを確認してご使用ください。
◎容器のキャップをつけたまま,よく(容器内の玉がコトコトと鳴るまで)振り動かし,キャップをとり乳白状の液が出ることを確認してから,先のボールをころがすようにして,皮膚に塗布してください。
◎容器中の玉は溶液を撹拌するためのもので,薬効には全く関係ありません。
◎長期間保存された場合には,容器を充分に振とうしてからご使用ください。

ヒフカAの成分分量

100mL中
β-グリチルレチン酸 0.4g
アンズオール 8mL
酸化亜鉛 6g
フェノール 1g
(添加物)
バレイショデンプン,タルク,炭酸マグネシウム,ベントナイト,エタノール,水酸化ナトリウム

ヒフカAの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。また家族がアレルギー体質の人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヒフカAの保管上の注意

(1)直射日光をさけ,涼しいところに密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器には入れ替えないでください。(誤用の原因となったり品質が変わることがあります。)
(4)ご使用後は,キャップを硬くしめて保管してください。液モレの原因となります。
(5)外箱底面記載の使用期限は未開封の場合の期限です。また使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ヒフカAが気になる人向けのコラム

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その5 外で子どもと遊ぶ時

今回は、子どもと一緒のお出かけについてです。子どもが小さいときのお出かけは、色々と持って行くものも多くて大変なので、力のある男性のほうが有利な面もあります。小さいときはあっという間に過ぎてしまうので、一緒に遊びに行く時間を大切にするといい... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その7 ワクチン接種計画

前回に引き続き「イクメンのための予防接種の基礎知識」をお届けします。今回は、個別のワクチンについての知識です。前回は、(1)なぜ予防接種をしなくてはいけないのか、(2)予防接種には定期と任意がある、(3)順番を考えて受ける、などについて解... 続きを読む

妊娠中、夫のサポートが必要なとき-その6 予防接種は必要?

Hibワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンなど、ワクチンに関するさまざまな記事が、新聞や雑誌、インターネット上で毎日のように流れ、母親たちにとっては最大の関心事の一つになっています。
自分の子どもの予防接種をどうし... 続きを読む

子どもの虚弱体質を改善するツボマッサージ 優しくなでて刺激する

ツボ療法は、大人だけでなくお子さんにもよく効きます。ツボマッサージが得意とするのは、病気まではいかないけれど何か不調のある「未病」と呼ばれる状態。病気ではないのにすぐに疲れたり体調を崩しやすい「虚弱体質」も、未病といえるでしょう。
子... 続きを読む

乳がんのリスクが高い人は? 15の危険因子|検診や検査方法

近年、日本での乳がん罹患率は急増し、毎年新しく6万人近い人が乳がんにかかっています。年齢別に見ると、乳がんの罹患率は30歳代後半から増え始めて40歳代に急増し、40歳代後半でピークに達します。続いて、50歳代、60歳代が乳がんにかかりやす... 続きを読む