ペリドールの効能・用量・副作用など

ペリドールの基本情報

ペリドール

ペリドール

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ペリドールの特徴

●血行をよくして患部をあたため筋肉をほぐして,筋肉痛や肩こりに効果をあらわします。
●血行をよくすることにより,手指の角化,しもやけに効果をあらわします。
●気になるにおいがありません。

ペリドールの効能効果

●筋肉痛・肩こり ●手指の角化 ●しもやけ ●外傷(打ち身,ねんざなど)による腫れ・内出血 ●やけど,けがによる傷跡

ペリドールの用法用量

1日1?数回,適量を患部に塗擦するか,またはガーゼなどにのばして貼付します。
(用法関連注意)
(1)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)塗擦した部分をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

ペリドールの成分分量

ポリエチレンスルホン酸ナトリウム 0.01
ニコチン酸ベンジルエステル 0.00125
(添加物)
パラベン,ポリソルベート80,グリセリン,セタノール,ワセリン

ペリドールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
出血しやすい又は出血が止まりにくい人。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば口腔,鼻腔,膣等)等。
(2)損傷皮膚。
(3)湿疹・湿潤,かぶれ,ただれ。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が顔面や広範囲の人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感,痛み,熱感,ぴりぴり感
3.1?2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ペリドールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

ペリドールが気になる人向けのコラム

軽いケガなら消毒やガーゼはいらない? ケガの治療の新常識

「けがをしたら、傷口を消毒しないとばい菌が入る」。そう思っていませんでしたか?
ところが消毒薬を使うと、細菌と一緒に傷の表面の細胞も死んでしまい、傷口が痛む原因になってしまいます。またガーゼを使うと、傷を治す体液を吸い取り、傷口を乾燥さ... 続きを読む

今年こそマラソンを完走したい! 記録を伸ばす2つのエクササイズ

空前のマラソンブームといわれるなか、10月5日、「東京マラソン2008」の出場者の抽選が行われました。当選者3万3千人に対して、なんと15万人を超える申し込みがあり、当選倍率4.7倍という盛況ぶり。東京マラソンだけでなく、全国各地で市民マ... 続きを読む

乳がん検診で「要精密検査」といわれたら‐検査の流れ

かつて欧米の女性に多いとされていた乳がんは、近年日本女性にも急増しています。一生のうちに乳がんを経験するであろうとされる確率は、日本人女性で約20人に1人といわれており、毎年4万人を超える人が、新しく乳がん患者になっています。
乳がんに... 続きを読む

ほくろができるまで-ほくろに似た皮膚のがん・メラノーマを解説

誰の顔にも1つや2つは見つかりそうなほくろ。その語源は古くは「ははくそ」。母の胎内でくっついたカスと考えられていました。鎌倉時代には「ははくろ」ともいわれ、それが転じて「はうくろ」という言い方も生まれ、今のように「ほくろ」と変化したのは室... 続きを読む

熱めのお風呂でストレス防御と免疫力UP-細胞を修復するHPSて何?

私たちの体は、病気やけがなどから、自分で自分の体を守ろうとする生体防御システムをもっています。たとえば、かぜをひいたとき発熱するのは、免疫力を高め、かぜのウイルスの攻撃に対して体を守ろうとしているからです。また、小さな切り傷くらいなら、大... 続きを読む