ペリドールの効能・用量・副作用など

ペリドールの特徴

●血行をよくして患部をあたため筋肉をほぐして,筋肉痛や肩こりに効果をあらわします。
●血行をよくすることにより,手指の角化,しもやけに効果をあらわします。
●気になるにおいがありません。

ペリドール

ペリドール

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤 
製造会社 佐藤製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ペリドールの効能・効果

●筋肉痛・肩こり ●手指の角化 ●しもやけ ●外傷(打ち身,ねんざなど)による腫れ・内出血 ●やけど,けがによる傷跡

ペリドールの用法・用量

1日1〜数回,適量を患部に塗擦するか,またはガーゼなどにのばして貼付します。
(用法関連注意)
(1)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用してください。
(4)塗擦した部分をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないでください。

ペリドールの成分・分量

ポリエチレンスルホン酸ナトリウム 0.01
ニコチン酸ベンジルエステル 0.00125
(添加物)
パラベン,ポリソルベート80,グリセリン,セタノール,ワセリン

「ペリドール」を含むQ&A

もっと見る

ペリドールの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
出血しやすい又は出血が止まりにくい人。
2.次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば口腔,鼻腔,膣等)等。
(2)損傷皮膚。
(3)湿疹・湿潤,かぶれ,ただれ。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)患部が顔面や広範囲の人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感,痛み,熱感,ぴりぴり感
3.1〜2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ペリドールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。