ホノザルベの効能・用量・副作用など

ホノザルベの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 剤盛堂薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ホノザルベの特徴

◆あせもやかゆみ、虫さされなどの皮膚病を改善するために考え出された塗り薬です。
◆ホノザルベ中のジフェンヒドラミンは、かゆみの原因であるヒスタミンの働きを抑え、アミノ安息香酸エチルとともに炎症に伴うかゆみを鎮めます。フェノールは殺菌・消毒の働きがあり、細菌の感染による症状の悪化を防ぎます。

ホノザルベの効能効果

あせも、かゆみ、虫さされ、やけど

ホノザルベの用法用量

1日2?3回、適当量を患部に塗布又は塗擦して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
(4)外用にのみ使用すること。
(5)患部を清潔にしてから使用すること。

ホノザルベの成分分量

100g中
アミノ安息香酸エチル 0.78g
ジフェンヒドラミン 1.00g
フェノール 1.96g
(添加物)
チンク油、バレイショデンプン、ボレイ末、l-メントール

ホノザルベの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
4.他の医薬品等を併用する場合には、含有成分の重複に注意する必要があるので、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

ホノザルベの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ホノザルベが気になる人向けのコラム

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

素足美人になるフットケア 2 足浴のすすめ、ドライヤーでもOK?

長時間立ちっぱなしだったり、一日中ハイヒールをはいて過ごしたりして足が疲れたり、むくんだとき。あるいはこの季節、寒くて足が冷えきってしまったとき、足浴をためしてみませんか?
足をお湯につけて温めると、足先の血管が広がって、血行がよくなり... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

冷え性に効く湯たんぽの上手な使い方-冷えを取る4つのポイント

ここ数年、「湯たんぽ」がちょっとしたブームです。お湯を沸かして湯たんぽに入れるだけで、あとはガスも電気も使わないから経済的。やわらかな温かさが気持ちいいと女性に大人気です。寒い冬の夜、冷えた布団の中で足先を温めるのに使われてきたこの湯たん... 続きを読む

アロマオイルの香りが心や体にいい訳とは-好みの香りでリラックス

花の香りに気持ちが明るくなったり、木々の香りに清々しい気分になった経験はありませんか?
植物の香りを心身の美と健康に役立てる健康法がアロマテラピー(芳香療法)です。植物によって香りが異なるように、その効果もそれぞれの個性をもっています。リ... 続きを読む