ムシイチの効能・用量・副作用など

ムシイチの基本情報

ムシイチ

ムシイチ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 常盤薬品工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ムシイチの特徴

ムシイチは,抗ヒスタミン剤ジフェンヒドラミン,抗炎症剤のグリチルレチン酸,局所麻酔剤のジブカイン塩酸塩を配合した鎮痒消炎薬で,かゆみ,かぶれ,皮ふ炎などに効果をあらわします。また配合成分のl-メントール,dl-カンフルが患部に清涼感を与え,塗った後のベタつきも少なくさわやかな感じを与えるかゆみ止めの軟膏です。
■特徴
●かゆみや炎症をしずめるジフェンヒドラミン配合
●ベタつかず,さわやかな塗り心地
●炎症をしずめるグリチルレチン酸,かゆみをしずめるジブカイン塩酸塩を配合

ムシイチの効能効果

あせも,ただれ,かぶれ,かゆみ,虫さされ,しもやけ,湿疹,皮膚炎,じんましん

ムシイチの用法用量

1日1?数回,適量を患部に塗布又はすりこんで使用してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(6)皮ふが敏感な人は,腕の裏側などの柔らかいところに少量つけて,異常がないことを確かめてから使用してください。

ムシイチの成分分量

100g中
ジフェンヒドラミン 1000mg
dl-カンフル 3000mg
グリチルレチン酸 200mg
l-メントール 2000mg
ジブカイン塩酸塩 100mg
(添加物)
ステアリン酸,プロピレングリコール,ステアリルアルコール,水酸化カリウム,ベヘン酸,ミリスチン酸イソプロピル,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ポリオキシエチレンソルビットミツロウ,トリエタノールアミン,パラベン

ムシイチの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

ムシイチの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ムシイチが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

マニュキュアを塗るだけでどうして痩せるの?

マニキュア
最近巷で流行っているマニキュアダイエットとは、爪にマニキュアを塗ることで爪のツボが刺激されて、そのツボに繋がっている部分が痩せてくるというものです。
爪というのは全身のありとあらゆる器官と繋がっていると言われていて、マニュ... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

婦人科検診を受けるときの服装は? 準備しておいて便利な物

婦人科の病気が疑われる症状のなかで、「おりもの」や「不正出血」は自分だけが気づくことができるものです。ですから、そんな症状があれば積極的に相談に来ていただきたいのです。でも、やっぱり恥ずかしくて気後れするのが婦人科の診察だと思います。
... 続きを読む