ムシチールSの効能・用量・副作用など

ムシチールSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 中新薬業
販売会社 田村薬品工業
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ムシチールSの特徴

ムシチールSは,各有効成分のはたらきで虫さされ,しっしん,あせも,かぶれなどをさわやかな清涼感とともに和らげる外用の鎮痒消炎薬です。
私達は,あまりの激しいかゆみのため,つい知らずに患部をかき,症状を悪化させてしまうことがよくありますが,“かゆい”と思った時には,患部をかかず,すぐ適量をすり込むように心がけましょう。なお,ムシチールSは,良質の親水性軟膏基剤を用いていますので,ぬったあとさらっとして簡単に水で洗い落とせます。
●こんな時に…
虫さされ・かゆみ・あせも・しっしん

ムシチールSの効能効果

虫さされ,かゆみ,湿疹,あせも,ただれ,かぶれ,皮膚炎,じんましん

ムシチールSの用法用量

必要に応じ,患部を清浄にし,適量を患部にすりこむか,または塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)用法を守って下さい。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
(4)外用にのみ使用して下さい。

ムシチールSの成分分量

100g中
グリチルレチン酸 1g
ジフェンヒドラミン 1g
サリチル酸メチル 3g
l-メントール 5g
dl-カンフル 7g
(添加物)
ベヘン酸,セタノール,ステアリン酸グリセリン,ヘキシルデカノール,プロピレングリコール,ラウロマクロゴール,ラウリル硫酸ナトリウム,ステアリン酸ポリオキシル,ソルビタン脂肪酸エステル

ムシチールSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)本人又は家族がアレルギー体質の人
(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)湿潤やただれのひどい人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

ムシチールSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。特に高温になるような所(夏の車中など)には絶対に保管しないで下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)配置期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。なお,配置期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く使用して下さい。

ムシチールSが気になる人向けのコラム

あせも予防に大切なポイントとは

あせもができるメカニズム

大量発汗時に汗の管である汗管が閉塞し、汗が皮膚の外に出ずに汗管外(皮膚内)に漏出して発症する。浅いところでの閉塞は、水疱が主にでき水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)という。痒みはない。一方、深いところでの... 続きを読む

夏バテにならない食事法とは? 量より質が大事


「体がだるい」「食欲が低下した」など、今年も、またつらい夏バテの季節がやってきました。
夏バテの症状は、慢性的な疲労や食欲不振、イライラ、めまいなど。放っておくと熱中症など致命的な病気につながるケースもあるので、甘くみるのは禁物で... 続きを読む

湿疹やじんましんとは違う!実は怖い多形滲出性紅斑

湿疹やじんましんの原因は?
湿疹の主な原因は、刺激物に肌が触れることです。

刺激物とは、アクセサリー類などに使われている金属(ニッケルなど)や、ぎんなんなどの植物、服に使用されているゴム、洗剤や化粧品などに配合されている界面活性剤... 続きを読む

1日に飲んで良いアルコールの量-飲みすぎ・食べすぎを防ぐコツ

12月から1月にかけて、パーティーや忘年会、新年会など、お酒を飲む機会が続きます。飛ぶように出ていく財布の中身も気になりますが、飲みすぎによる二日酔い、肝臓へのダメージ、エネルギーのとりすぎによる太りすぎにも注意が必要です。
意外にこう... 続きを読む

かさ増しで我慢しないおからダイエット

おから
おからは高タンパクで低カロリーの食材です。
食物繊維もたっぷりと含まれていて、まさにダイエット向きな食材なんです。
もともとは大豆のおからは、大豆の成分である良質のたんぱく質をたっぷりと含んでいます。
たんぱく質は筋肉の元... 続きを読む