メンソレータムのラブの効能・用量・副作用など

メンソレータムのラブの基本情報

メンソレータムのラブ

メンソレータムのラブ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

メンソレータムのラブの特徴

筋肉痛・腰痛などで痛みを感じるところ全体に「メンソレータムのラブ」をすり込み,よくマッサージしてください。
薬効成分がスーッと浸透し患部にジーンと効いて,痛みをとり除いてくれます。
「メンソレータムのラブ」でマッサージ,効き目がわかる外用消炎鎮痛剤です。
特長
「すぐれた局所消炎作用と浸透性」
「メンソレータムのラブ」に配合されている有効成分サリチル酸メチルとl-メントールは皮ふへの吸収性にすぐれ,患部に浸透して血液の循環を改善することで,筋肉の痛みやこりに効き目をあらわします。お風呂上がりにご使用になると一層効果的です。
「むらなく塗布でき,さわやかな使用感」
「メンソレータムのラブ」は親水性基剤のクリームタイプ。手足の毛深い部分にも容易に使用でき,しかもむらなく塗布することができます。使用後は,肌ざわりがさわやかで清涼感が持続します。

メンソレータムのラブの効能効果

筋肉痛,腰痛,関節痛,肩こり,筋肉疲労,神経痛,打ち身,捻挫,筋肉のこり,リウマチ

メンソレータムのラブの用法用量

1日数回,痛みやこりを感じる部分に適量をすり込んでください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないようご注意ください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみご使用ください。

メンソレータムのラブの成分分量

1g中
サリチル酸メチル 120mg
l-メントール 60mg
ユーカリ油 20mg
テレビン油 15mg
(添加物)
香料,自己乳化型ステアリン酸グリセリン,セチル硫酸ナトリウム,流動パラフィン,ポリオキシエチレンアラキルエーテル,ステアリルアルコール

メンソレータムのラブの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(痛み,熱感,ピリピリ感),はれ,かさぶたの様に皮ふがはがれる状態
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。

メンソレータムのラブの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)本剤のついた手で,目や粘膜に触れないでください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,一度開封した後はなるべく早くご使用ください。

メンソレータムのラブが気になる人向けのコラム

女性にも急増! 自覚症状なく進む「膵臓」の病気 7つの危険な症状

地味ながら、消化液を作りインスリンを分泌する重要な消化器 膵臓と聞いて、どこにあるかすぐにわかる人は少ないのではないのでしょうか。膵臓は長さ15cmぐらいのタラコのような形をした臓器で、胃の裏側にあります。触診が難しい位置で、異常があ... 続きを読む

肩こりや頭痛の隠れた原因は肩甲骨にある-肩甲骨を下げるストレッチ

つらい肩こりや偏頭痛。これらの原因の1つには、肩甲骨の動きが関わっています。もともと肩甲骨は左右上下に10センチ前後動くほど可動域が広いのですが、日常生活ではほとんど肩甲骨を動かさないため周りの筋肉が次第に硬くなります。
硬くなった筋... 続きを読む

指のこわばりは関節リウマチの初期症状かも? 早期発見が大事

起床時、手の指が曲げづらくありませんか?
この「朝のこわばり」は、関節リウマチの初期症状としてよく知られています。
関節リウマチとは、複数の関節に慢性的な炎症が起こり、関節が腫れたり、痛みが生じる病気です。症状がよくなったり悪くなっ... 続きを読む

過度な上がり性は、社交不安障害かも-身体的な症状と治療法


学校では新学期が、社会では新年度が始まりました。入学式、入社式、歓迎会、保護者会、結婚式など、改まった場に出ることが増えるシーズンの到来です。
初対面の人たちや大勢の人たちが集まる場所、あるいは「ここぞ」という大事な場面で上がってしま... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む