ワイズダムパップの効能・用量・副作用など

ワイズダムパップの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 救急薬品工業
販売会社 中京医薬品
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ワイズダムパップの特徴

●ワイズダムパップは生薬のオウバク末,サンシシ末を配合していますので患部の消炎によりすぐれた効き目を発揮します。
●ワイズダムパップは肌への密着性を高めた新しい基剤とのびのび不職布を採用していますので,ひじ・ひざなどの関節での湿布にも効果的です。

ワイズダムパップの効能効果

肩こり,腰痛,打撲,捻挫,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,骨折痛,しもやけ

ワイズダムパップの用法用量

薬面のフィルムをはがし,1日1?2回患部にお貼りください。必要に応じて包帯,テープ等でとめてください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を遵守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)汗をかいたり,皮ふがぬれている時は,よく拭き取ってから使用してください。

ワイズダムパップの成分分量

100g(900cm2)中
オウバク末 1g
サンシシ末 0.5g
サリチル酸グリコール 0.5g
l-メントール 0.3g
dl-カンフル 0.2g
ハッカ油 0.2g
(1枚8×12cm2。伸縮性)
(添加物)
カオリン,酸化チタン,ゼラチン,D-ソルビトール,グリセリン,メタクリル酸・アクリル酸ブチルコポリマー,アクリル酸デンプン,1,3-ブチレングリコール,ポリアクリル酸ナトリウム,水酸化アルミナマグネシウム,ポリソルベート80,オレイン酸ソルビタン,pH調節剤,メタリン酸ナトリウム,チモール

ワイズダムパップの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
1.次の部位には使用しないでください
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談してください
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)本品によりかぶれ等を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この製品を持って医師又は薬剤師に相談してください
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

ワイズダムパップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない,涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わることがあります。)
(4)未使用分は袋のチャックをしっかり締めて保管してください。
(5)配置期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ワイズダムパップが気になる人向けのコラム

妊娠による解雇や降格は違法 マタハラで泣き寝入りしないための基礎知識

妊娠や出産した女性社員に対する、職場からの嫌がらせや不当な降格・解雇といった「マタニティ・ハラスメント」が深刻化しています。妊婦に対する上司からの理不尽な要求や嫌がらせは後を絶たず、訴訟に発展するケースも珍しくありません。そんな中厚労省... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

デスクワークで硬くなった太ももをストレッチ-猫背と腰痛も改善

デスクワークなどで長くいすに腰かけていると、つい猫背になって腰が丸まってしまいがちです。その姿勢のままパソコン作業を続けたり、書類のチェックを続けたりすると、ますます腰が丸まり、腰の負担が大きくなります。それだけでなく、股関節の動きが悪く... 続きを読む