温感シートハップの効能・用量・副作用など

温感シートハップの特徴

●温感シートハップは,特に腰痛,肩こり等を緩和する温感タイプのハップ剤です。
●トウガラシエキス,オウバクエキス,ビタミンE酢酸エステルおよびdl-カンフルが患部の血行を高め,慢性化した頑固な痛みやこわばりをほぐします。
●粘着シートと膏体を一体化したため,腰などの患部によく密着し,持続的な効果があらわれます。また,これまで動きが激しいため,はがれやすかったひじ,ひざなどの関節部にもしっかりとフィットします。
〔ゼリア新薬工業(株)販売より〕

温感シートハップ

温感シートハップ

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤 
製造会社 大協薬品工業
販売会社 ゼリア新薬工業
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



温感シートハップの効能・効果

腰痛,肩こり,関節痛,打撲,捻挫,筋肉痛,骨折痛,しもやけ,筋肉疲労

温感シートハップの用法・用量

1日1〜2回,膏面のライナーをはがし,患部にはってください。
(用法関連注意)
(1)用法及び用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(4)粘着テープ等でかぶれやすい人は使用しないでください。
(5)打撲,捻挫には,はれがひいてから使用してください。
(6)汗をかいたり,患部がぬれているときは,よく拭き取ってから使用してください。
(7)本剤を貼ってから,汗をかくと強い刺激を感じるため,汗をかきそうな作業やスポーツを行う前には使用しないでください。
(8)多量の汗をかくことが予想される場合は,膏体がやわらかくなりすぎる可能性があるので,使用を控えてください。
(9)皮膚の弱い人は,使用前に腕の内側の皮膚の弱い箇所に,1〜2cm角の小片を目安として半日以上貼り,発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等の症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(10)貼ったままあるいははがした直後に入浴すると強い刺激を感じるため,1時間以上前にはがしてから入浴してください。また,入浴後は30分位してから使用してください。
(11)皮膚の特に弱い人は,同じ部位に続けて使用しないでください。

温感シートハップの成分・分量

1300cm2(膏体100g)中
トウガラシエキス 0.06g (トウガラシ3g)
オウバク軟エキス 0.33g (黄柏1.089g)
酢酸トコフェロール 0.2g
l-メントール 0.3g
dl-カンフル 0.2g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 0.18g
(1枚11.8×7.5cm2)
(添加物)
D-ソルビトール液,濃グリセリン,ポリアクリル酸部分中和物,ゼラチン,カオリン,カルメロースナトリウム(CMC-Na),カルボキシビニルポリマー,ポリソルベート80,亜硫酸水素ナトリウム,pH調節剤,ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテート,モノオレイン酸ソルビタン

温感シートハップの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この外袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,はれ,痛み
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この外袋を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

温感シートハップの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かないところに保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変わります。)。
(4)開封後は袋の口を折り曲げて保管してください。
(5)配置期限を過ぎた製品は使用しないでください。