快生膏の効能・用量・副作用など

快生膏の基本情報

快生膏

快生膏

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 貼付剤
製造販売会社 祐徳薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

快生膏の特徴

●はりやすい丸くて小さなパッチ型です。
●サリチル酸グリコールの鎮痛消炎作用で,痛みやコリをやわらげます。
●血行促進作用のあるノニル酸ワニリルアミドを配合しています。
●抗炎症作用のあるグリチルレチン酸を配合しています。

快生膏の効能効果

肩こり,腰痛,筋肉痛,筋肉疲労,打撲,捻挫,関節痛,骨折痛,しもやけ

快生膏の用法用量

1日数回患部に貼付してください。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)皮ふの弱い人は,使用前に腕の内側に小片をはり,発疹・発赤,かゆみ,かぶれなどの症状が起きないことを確かめてから使用してください。
(3)はった患部をコタツや電気毛布などで温めないでください。
(4)強い刺激を感じることがあるので,入浴の30分以上前にはがしてください。また,入浴後にはる場合は30分位してからはってください。
(5)汗などをよくふき取り,患部をきれいにしてから使用してください。
(6)皮ふの弱い人は,同じところに続けてはらないでください。

快生膏の成分分量

膏体100g中
サリチル酸グリコール 3.0g
l-メントール 7.0g
グリチルレチン酸 0.19g
ノニル酸ワニリルアミド 0.10g
(直径23mm)
(添加物)
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT),生ゴム,スチレン・イソプレン・スチレンブロック共重合体,ポリブテン,その他1成分

快生膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
〔守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります〕
1.次の部位には使用しないでください。
(1)目の周囲,粘膜等
(2)湿疹,かぶれ,傷口
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,痛み,ヒリヒリ感
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

快生膏の保管上の注意

1.直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
2.小児の手のとどかない所に保管してください。
3.他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
4.開封後は袋の口を折りまげて保管し,早めに使用してください。
5.使用期限をすぎた製品は使用しないでください。

快生膏に効果効能が似た薬

快生膏が気になる人向けのコラム

体のコリに注意!運動性とストレス性があるコリ|マッサージで解消

肩や背中、腰などのコリはゆううつなもの。「デスクワークが多くて、運動不足だから・・・」そう思ってあきらめているあなたも、実はストレスからコリが起こっているのかもしれません。
コリには運動性のものとストレス性のものがあります。運動性のコ... 続きを読む

入浴中のマッサージで冷え性・肩こりを撃退! マッサージ方法とは

疲れたときはお風呂に入ってのんびりするのが一番ですね。ストレスや疲れでこり固まった体がほぐれてくると、気持ちまでやわらかーくなっていく感じがしませんか?
なかでもリラックス効果の高いのが半身浴。やりかたは簡単です。
38~40度のぬる... 続きを読む

オーラストーン

暑かった夏が過ぎ、秋が深まってくると、気になるのが「冷え」。50 年前に比べると日本人の平均体温は約1℃低くなっているといわれ、特に女性には36℃以下の、いわゆる低体温の人も増えています。体温と免疫力や代謝には密接な関係があり、「冷えを解消... 続きを読む

禁煙を無理なく確実に成功させるには-補助薬を上手く利用して

「タバコが健康に悪いことは十分わかっているけれどもやめられない」と、これまで何度も禁煙に失敗してきたという人たちの間で、禁煙補助薬を利用したり、医療機関の禁煙外来に通って禁煙治療を受ける方法が効果を上げています。
ニコチンガムやニコチ... 続きを読む

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む