新ハイスイッチ・Pの効能・用量・副作用など

新ハイスイッチ・Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 塗布剤
製造販売会社 新生薬品工業・富
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

新ハイスイッチ・Pの特徴

●新ハイスイッチ・Pは,腰痛,関節痛,筋肉痛に悩む人や捻挫,打撲を治療する人のために研究された親水性軟膏です。腰痛,関節痛,打撲など一連の痛みは,筋肉や関節が異常に緊張して神経を圧迫しているか,又は炎症を起こしているためです。
●新ハイスイッチ・Pはこれらの痛みを出来るだけ早く軽くするために処方された軟膏で,消炎作用とともに,末梢神経を麻痺させて痛みをやわらげ,血管を拡張し,血流を増大します。
●新ハイスイッチ・Pは,のびが良く,ベタつきの少ない軟膏です。親水性ですので衣服に付いても水で洗い落とせます。

新ハイスイッチ・Pの効能効果

腰痛,打撲,捻挫,肩こり,関節痛,筋肉痛,筋肉疲労,しもやけ,骨折痛

新ハイスイッチ・Pの用法用量

通常1日1?数回適量を患部に塗布する。なお,症状により適宜増減する。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(3)目に入らないように注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。
(4)本剤は外用にのみ使用して下さい。

新ハイスイッチ・Pの成分分量

100g中
dl-カンフル 6g
l-メントール 6g
サリチル酸メチル 8g
ニコチン酸ベンジル 0.05g
ノニル酸ワニリルアミド 0.05g
(添加物)
セタノール,流動パラフィン,プロピレングリコール,ラウリル硫酸ナトリウム,ポリソルベート60,その他3成分

新ハイスイッチ・Pの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないで下さい。
(1)目の周囲,粘膜等。
(2)湿疹,かぶれ,傷口。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)本人又は家族がアレルギー体質の人。
(2)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,痛み
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

新ハイスイッチ・Pの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべく早く使用して下さい。

新ハイスイッチ・Pが気になる人向けのコラム

二度と腰痛にならない【正しい座り方】を身につけよう

悪い座り方が腰痛を招いている 現代人は1日の半分近くを座って過ごすと言われています。現在、日本には2800万人の腰痛患者がいると言われていますが、その大きな原因の一つが「座り方」であると指摘するのは、腰痛の専門家である伊藤和磨さんです... 続きを読む

「量」より「時間」!「いつ食べるか」を考えて健康的にダイエット!

ダイエットで最近注目されているのは、「時間栄養学」という考え方。ダイエットというと「何を、どれくらい食べるか」という点に注目されがちですが、「いつ、何をたべるか」を重視する体内時計の働きに基づいた方法です。 ただ痩せればいいという不健... 続きを読む

あの有名カップルが!? マタニティハイ妻と産後うつ夫

2014年、第一子が誕生した山田優さん。幸せいっぱいの彼女ですが、夫である小栗旬さんが「産後うつ」に悩まされ、山田さん自身も「マタニティハイ」になっていると噂されました。 「産後うつ」は、出産を終えた女性に起こる症状とされてきましたが、男... 続きを読む

呼吸は吐くときを意識して!自律神経の乱れを呼吸でコントロール

呼吸の力を利用すれば、いつでもどこでもリラックスできる 1日2万回も行っている呼吸は、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチ。活用すればストレスにも強くなれる。 呼吸は自分でコントロールできる“自律神経のスイッチ” 私たちが行っ... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む