複方糾励根の効能・用量・副作用など

複方糾励根の特徴

複方糾勵根は,自然の生薬を主成分とした粉末の外用塗布薬です。本剤は,水を加えて練り,布にのばして使用します。貼付後ほどなく温熱を感じ,血行をよくし神経痛,腰痛,がんこな肩凝り,打ち身,捻挫などに伴う痛みやつらい症状にすぐれた効果を発揮します。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 鎮痛・鎮痒・収れん・消炎薬(パップ剤を含む)
形状 散剤 
製造会社 霜鳥研究所
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 64サールクール   DHC おきゅパッチシート(ホット)   DHC かゆみ止め軟膏   DHC ジェルシート(ホット)   DHC 気孔シート  



複方糾励根の効能・効果

肩こり・腰痛・神経痛・リウマチ・打ち身・くじき・歯痛・肺炎・感冒・肋膜炎(胸膜炎)・腹膜炎・痔疾・扁桃腺炎・乳腺炎

複方糾励根の用法・用量

大人は分量の1/6を1回量として(7歳以下は小麦粉を半量加えて)水を加えてよく練り,布にのばして患部に貼付してください。貼付後水分を失い乾いてきたら取り換えてください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)目の周辺,粘膜,湿しん,かぶれ,傷口などの部位には使用しないでください。
(3)小児に使用される場合には,保護者の指導監督のもとに使用してください。
(4)目に入らないよう注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(5)本剤の使用中,特に強いかゆみや痛みが出た場合には,使用を中止してください。
(6)貼った患部をコタツや電気毛布等で温めないでください。
(7)ご入浴の際は2時間以上前に剥がしてください。

複方糾励根の成分・分量

150g中
精製ショウ脳 1.8g
サンシシ末 40g
トウガラシ末 22.2g
オウバク末 40g
百草霜 21g
カンキョウ末 9g
ハッカ葉末 1g
ハンゲ末 6g
ヨウバイヒ末 6g
イヌザンショウ末 3g
(添加物)

複方糾励根の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の方は,本剤を使用する前に医師または薬剤師にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている方。
(2)今までに薬や化粧品等によりアレルギー症状(たとえば発疹,発赤,かゆみ,かぶれ等)を起こしたことのある方。
2.次の場合は,使用を中止し,医師または薬剤師にご相談ください。
(1)本剤の使用により,発疹,発赤,かゆみ,かぶれ等の症状があらわれた場合。
(2)数日間使用しても症状の改善がみられない場合

複方糾励根の保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)直射日光を避け,湿気の少ない涼しいところに密栓して保管してください。
(3)誤用を避け品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。