ダマリンエースの効能・用量・副作用など

ダマリンエースの基本情報

ダマリンエース

ダマリンエース

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 みずむし・たむし用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 杏林製薬
販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ダマリンエースの特徴

◆ダマリンエースは有効成分アモロルフィン塩酸塩を主成分としたクリーム剤で、白癬菌の細胞膜合成を2 つのステップでブロックして白癬菌を殺菌し、治療効果を発揮します。

ダマリンエースの効能効果

水虫、いんきんたむし、ぜにたむし

ダマリンエースの用法用量

1 日1 回、適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)患部やその周囲が汚れたまま使用しないでください。
(3)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けてください。
(4)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)外用にのみ使用してください。
〈チューブの穴の開け方〉
キャップを逆さにして、突起部をチューブの先に強く押し当ててください。

ダマリンエースの成分分量

1g中
アモロルフィン塩酸塩 5.575mg (アモロルフィンとして 5mg)
(添加物)
ステアリン酸ポリオキシル、ステアリルアルコール、流動パラフィン、ワセリン、カルボキシビニルポリマー、エデト酸ナトリウム水和物、フェノキシエタノール、pH調節剤

ダマリンエースの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります)
1.次の人は使用しないでください
本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(アレルギー症状を起こした薬剤を避けて使用することが必要です)
2.次の部位には使用しないでください
(1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等。(刺激が起きたり、有効成分の吸収が促進されることがあります)
(2)湿疹。(症状が悪化することがあります)
(3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部。(症状が悪化することがあります)
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。(医師から処方されている薬に影響したり、本剤と同じ薬を使用している可能性もあります)
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。(薬の使用には慎重を期し、専門医に相談して指示を受ける必要があります)
(3)乳幼児。(本剤の適切な使用ができない場合があります)
(4)薬や化粧品などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(何らかの薬や化粧品などでアレルギーを起こした人は、本剤でも起こる可能性があります)
(5)患部が顔面又は広範囲の人。(本剤が目、口腔、鼻腔に誤って塗布される場合があります。又、広範囲の人は別な要因も考えられます)
(6)患部が化膿している人。(症状が悪化することがあります)
(7)「湿疹」か「水虫、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人。(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い)
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
関係部位:皮膚
症状:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感、疼痛、ただれ
(本剤によるアレルギー症状であるか、本剤の薬理作用が強くあらわれたものであると考えられ、このような場合、同じ薬を続けて使用すると症状がさらに悪化するおそれがあります)
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合や、本剤の使用により症状が悪化した場合(病巣が使用前より広がる等)は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
( 2週間位使用しても症状の改善がみられないときは、症状が重いか他の疾病によるものと考えるべきで、なるべく早く医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください)

ダマリンエースの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)本剤のついた手で、目や粘膜にふれないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお、使用期限内であっても、開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

ダマリンエースが気になる人向けのコラム

ピルの基礎知識-入手方法|タバコを吸う人はピルは使えない?

低用量経口避妊薬=低用量ピル(以下ピル)は、日本ではかぜ薬などのように薬局などで買うことができません。使用には医師の処方が必要です。一般的には婦人科や産婦人科を受診して医師による問診や血圧測定を受け、問題がなければ処方してもらいます。以前... 続きを読む

育休からの職場復帰へ-確認しておきたいこと3つのステップ

子育て中の皆様、楽しんで子育てをなさっていますか?
子どものいなかったときと今では、仕事や家庭に対するお気持ちに変化はありましたか。子育てでお仕事は辞めたのでしょうか、育児休業をとって復帰する予定でしょうか。保育園は見つかりましたか。お... 続きを読む

これってもしかして水虫?初期治療のコツと完治させるポイント

日本人の5人に1人は水虫にかかったことがある 水虫というと足が不潔な人がかかるもの、と思っている人もいると思いますが、日本で水虫にかかったことのある人は約2500万人といわれています。つまり、4~5人に1人は水虫経験者。家族で誰かが水... 続きを読む

涼感&虫よけ&水虫予防も とっておき「夏アロマ」

暑い夏、アロマを快適な環境づくりに取り入れませんか。天然の成分からつくられた精油の香りによって、リラクゼーションできるだけではなく、夏を過ごしやすくする効果も得られます。この時期にオススメのとっておきの「夏アロマ」を紹介します。 基本... 続きを読む

梅雨前に治したい!ブーツやパンプスがムレムレで、女性の水虫が増加中

水虫は男性の病気というイメージを持っていませんか?実は、最近になって女性の水虫患者が増えているのです。なぜ水虫の女性が増えているのか。さらに、水虫のタイプや治療法まで、その実態に迫ります。 働く男女の足裏に関するお悩みとは ノバルテ... 続きを読む