ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の効能・用量・副作用など

ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の特徴

本剤は、水虫やたむしの原因である白癖菌の治療に用いられている木槿皮を主薬とし、それに角質軟化作用と殺菌、防腐作用のあるサリチル酸と安息香酸を配合したものです。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 みずむし・たむし用薬
形状 液剤 
製造会社 八ッ目製薬
販売会社 本草製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 BTプラスV8クリーム   BTプラスV8液   アウトC液   アスターG軟膏   アスター軟膏  



ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の効能・効果

水虫、いんきんたむし、ぜにたむし

ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の用法・用量

患部をよく清浄した後、1日2回塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。
(2)目に入らないように注意して下さい。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けて下さい。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(4)外用のみ使用し、内服や眼科用としては使用しないで下さい。
(5)皮膚が敏感な人は、腕の内側などの柔らかいところに少量つけて、翌日異常がないことを確かめてから使用して下さい。

ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の成分・分量

15mL中
モクキンピチンキ 6mL
安息香酸 1.8g
サリチル酸 0.9g
(添加物)
エタノール

ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)
次の部位には使用しないで下さい。
(1)目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等
(2)湿疹
(3)湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部
■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)乳幼児
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)患部が顔面又は広範囲の人
(5)患部が化膿している人
(6)「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ハイ・シャロン(複方土槿皮酊)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)火気に近づけないで下さい。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。
〔容器の口元がゆるんでいると、結晶ができる場合があります。〕