ヒフケスの効能・用量・副作用など

ヒフケスの基本情報

ヒフケス

ヒフケス

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 みずむし・たむし用薬
形状 塗布剤
製造販売会社 大和製薬
販売会社 ムサシノ製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ヒフケスの効能効果

水虫,いんきんたむし(頑癬),ぜにたむし(水疱性斑状白癬),しらくも(頭部浅在性白癬),ひぜん(疥癬),とびひ,かゆみ(痒疹),じんましんのかゆみ

ヒフケスの用法用量

1日数回適量を患部によく塗擦する。
(用法関連注意)
(1)患部やその周囲が汚れたまま使用しないこと。
(2)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けること。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(4)外用にのみ使用すること。
(5)寄生性の皮膚病は,外見上よくなったようでも,完全に治っていない場合がありますから,根気よく治療を続けること。
(6)患部に水疱ができているようなときは,無理につぶさず,水疱の上からリント布かガーゼにうすくのばして貼ることをおすすめします。
(7)入浴直後にお使い頂きますと,より効果的です。

ヒフケスの成分分量

100g中
チアントール 15g
レゾルシン 2g
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.1g
ハッカ油 0.5g
イオウ 5g
フェノール 0.5g
酸化亜鉛 10g
(添加物)
トラガント末,安息香酸,香料,グリセリン

ヒフケスの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
次の部位には使用しないこと
(1)目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),陰のう,外陰部等。
(2)湿疹。
(3)湿潤,ただれ,亀裂や外傷のひどい患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)乳幼児。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)患部が顔面又は広範囲の人。
(5)患部が化膿している人。
(6)「湿疹」か「みずむし,いんきんたむし,ぜにたむし」かがはっきりしない人。(陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は,湿疹等他の原因による場合が多い。)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,刺激感
3.2週間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

ヒフケスの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

ヒフケスが気になる人向けのコラム

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

水虫の正しい知識 Part4-意外と知らない4つのタイプの水虫

足や手にはいろいろな皮膚病ができます。たとえば、年をとるとだれでも足の皮がしだいに硬く厚くなり、ひび割れたり、白くむけたりしがちです。このような変化が生まれつき出やすい人もいますし、糖尿病や乾燥肌の人には強く出がちなものです。症状としては... 続きを読む

夏の子どもの健康トラブル-夏かぜ・脱水症・いぼ・水泡の対処法

夏は、子どもが感染症に悩まされることの多い季節です。保育所、幼稚園などの集団生活やプール遊びなど、感染する機会はいろいろあります。今回は、夏に気をつけたい子どもの主な感染症を取り上げます。
夏にもかぜがはやります。いわゆる「夏かぜ」で... 続きを読む

全粒粉

栄養価の高い小麦粉として、今注目されているのが全粒粉。食物繊維やビタミンが豊富で、ヘルシー志向の女性から人気を集めています。 「小麦粉と全粒粉の違いは、お米で言う精白米と玄米と同じ。薄力粉、中力粉、強力粉と分類されている普通の小麦粉は、... 続きを読む

脳腫瘍の基礎知識 早期に現れる9つの症状 腫瘍部位別症状

頭蓋骨内にできた腫瘍を総称して「脳腫瘍」といいます。頭蓋骨内の組織そのものから発生した「原発性脳腫瘍」と、ほかの臓器・部位にできたがんが転移した「転移性(続発性)脳腫瘍」に大別されます。
国立がん研究センターがん対策情報センターの「最... 続きを読む