ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の効能・用量・副作用など

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 散剤
製造販売会社 ウチダ和漢薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の特徴

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)は,肌あれ・いぼとりに愛用されている日本薬局方ヨクイニン(ハトムギの種子)から抽出したエキスを服用しやすい細粒の分包にしたものです。

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の効能効果

いぼ,皮膚のあれ

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の用法用量

次の1回量を1日3回食前または食間に服用する。
[年齢:1回量]
大人(15歳以上):1包
15歳未満7歳以上:2/3包
7歳未満4歳以上:1/2包
4歳未満2歳以上:1/3包
2歳未満:1/4包
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させること。

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の成分分量

1日量〔3包(1包2g)〕中
ヨクイニンエキス(原生薬換算量20g) 1.5g (よく苡仁20g)
(添加物)
乳糖水和物,バレイショデンプン,メタケイ酸アルミン酸マグネシウム

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
次の人は服用しないこと
生後3ヵ月未満の乳児。
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸の弱い人。
(4)今までに薬等により発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:胃部不快感
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)小児で1包を分割した残りを服用する場合には,袋の口を折り曲げて保管し,2日以内に服用すること。

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)に効果効能が似た薬

ウチダのヨクイニンエキス細粒(分包)が気になる人向けのコラム

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

冬の乾燥肌の悩み 皮膚がポロポロ…これって垢? 正しいケア方法

年中身体の肌が乾燥していて、特にお腹周り、お尻や腰あたりは粉がふくほど。この前、お風呂でお腹周りの皮膚をこすったらアカが出てきて…。乾燥が原因なのでしょうか、ショックです。 (質問者
yukinko12121017さん) 教えて!go... 続きを読む

夏の子どもの健康トラブル-夏かぜ・脱水症・いぼ・水泡の対処法

夏は、子どもが感染症に悩まされることの多い季節です。保育所、幼稚園などの集団生活やプール遊びなど、感染する機会はいろいろあります。今回は、夏に気をつけたい子どもの主な感染症を取り上げます。
夏にもかぜがはやります。いわゆる「夏かぜ」で... 続きを読む

ケツメイシ(決明子)

ケツメイシが今、脚光を浴びてい ます。その理由は言うまでもなく、ヒットチャートの上位を常にしめている人気音楽グループ『ケツメイシ』の活躍。彼らの知名度が高くなるとともに、薬草のケツメイシも知られるようになりました。グループの名称は、お通じ... 続きを読む