ケラチナミンコーワ乳状液20の効能・用量・副作用など

ケラチナミンコーワ乳状液20の基本情報

ケラチナミンコーワ乳状液20

ケラチナミンコーワ乳状液20

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 液剤
製造販売会社 興和
販売会社 興和新薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ケラチナミンコーワ乳状液20の特徴

〈止まらないかゆみ,くり返すかゆみを伴うドライスキン〉
乾燥によりバリア機能が低下したドライスキンでは,暖房や入浴などによる皮膚の温度変化や,衣類が触れただけのわずかな刺激でもかゆみが出やすくなっています。さらに,かくことで症状が悪化するため,一度かゆみが出ると止まらない,くり返すなどの悪循環に陥りやすくなります。
〈かゆみをもとからすばやく抑制し,くり返さない肌に改善〉
ケラチナミンコーワ乳状液20は,かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみをすばやく抑え,抗炎症成分のグリチルレチン酸が炎症を鎮め,かゆみのもとの発生を抑えます。また,保湿成分の尿素が体内の水分を集めてうるおいを保ち,肌保護ベール(基剤成分)が皮膚表面をしっとり包みます。かゆみを抑えながら保湿することでかゆみをくり返さない肌に改善していきます。

ケラチナミンコーワ乳状液20の効能効果

かゆみを伴う乾燥性皮膚(成人・老人の乾皮症)

ケラチナミンコーワ乳状液20の用法用量

1日数回適量を患部に塗擦してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を守ってください。
(2)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。
なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)小児(15歳未満)には使用させないでください。
(4)外用にのみ使用してください。
(5)化粧品ではありませんので,効能・効果で定められた患部のみに使用し,基礎化粧等の目的で顔面には使用しないでください。

ケラチナミンコーワ乳状液20の成分分量

100g中
尿素 20g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 1g
グリチルレチン酸 0.3g
(添加物)
ワセリン,ステアリルアルコール,オリブ油,グリセリン,カルボキシビニルポリマー,キサンタンガム,スクワラン,ミリスチン酸オクチルドデシル,ポリソルベート60,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,ステアリン酸ソルビタン,エデト酸ナトリウム,DL-アラニン,グリシン,クエン酸,水酸化ナトリウム

ケラチナミンコーワ乳状液20の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください
(1)目のまわり,粘膜等。
(2)引っかき傷等のきずぐち,亀裂(ひび割れ)部位。
(3)かさぶたの様に皮膚がはがれているところ。
(4)炎症部位(ただれ・赤くはれているところ)。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,刺激感(いたみ,熱感,ぴりぴり感),はれ,かさぶたの様に皮膚がはがれる状態
3.2週間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

ケラチナミンコーワ乳状液20の保管上の注意

(1)本剤のついた手で,目など粘膜に触れないでください。
(2)高温をさけ,直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(3)小児の手の届かない所に保管してください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(5)使用期限(外箱及び容器に記載)をすぎた製品は使用しないでください。
なお,使用期限内であっても,開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

ケラチナミンコーワ乳状液20が気になる人向けのコラム

パニック障害、13の症状でセルフチェック-動悸・発汗・胸痛など

特別な理由も何の前触れもなく、突然激しい動悸(どうき)や息苦しさに襲われ、死ぬかと思うような恐怖を感じる……。そんな症状をくり返すなら、それはパニック障害(パニック症)かも知れません。
車にひかれそうになった、高いところから落ちそうに... 続きを読む

冬の乾燥からお肌を守るセルフケア|バリア機能を高める4つのコツ

冬は皮膚が乾燥し、肌荒れやかゆみなどの皮膚トラブルが増える季節です。冬は元々空気が乾燥しているのに加え、暖房器具の使用により室内の空気はますます乾燥します。また、気温が低いと血行が悪くなって新陳代謝が低下し、皮脂の分泌が減ります。寒いと手... 続きを読む

便秘がちな女性は痔になりやすい? 予防と治療に一番良いこと

痔(じ)は「お尻のかぜ」と言われるくらい誰でも普通にかかる病気。日本人の3人に1人が「痔主」と言われています。痔の最大の原因といえば便秘ですが、女性には便秘の人が多いため、たくさんの女性が痔に悩んでいます。しかし場所が場所だけに、「もしか... 続きを読む

流産を何度も繰り返すのは不育症かも-不育症は治る?治療法は

妊娠はしても、流産や死産をくり返して、赤ちゃんの誕生に恵まれない状態を不育症といいます。流産は珍しいことではなく、1回の妊娠につき、妊娠した人全体の約15%は流産を経験しているといわれています。流産率は女性の加齢とともに高まり、35歳で約... 続きを読む

子どものアトピー性皮膚炎を予防-早期ケアと皮膚バリア機能を高めよう

子どもの皮膚病の大半を占めるといわれるアトピー性皮膚炎は、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹を特徴とする病気です。ほとんどは乳幼児期に発症し、よくなったり悪くなったりをくり返しながら、成長とともに自然に治っていきます。しかし最近では、大人になっ... 続きを読む