ヨクイニン錠の効能・用量・副作用など

ヨクイニン錠の特徴

ヨクイニンはハトムギの名で広く知られている植物の種皮を除いた種子で、代表的な民間薬として古くから肌荒れやイボ取りに常用されて来ました。特に、半球形の隆起を呈し、軟質で表面に光沢のあるイボに奏効します。

ヨクイニン錠

ヨクイニン錠

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 錠剤 
製造会社 松浦薬業
販売会社 伸和製薬, 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用クリーム   DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用乳状液   アスコートU   イハダ ドライキュア乳液   イボコロリ  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



ヨクイニン錠の効能・効果

イボ、皮膚のあれ

ヨクイニン錠の用法・用量

次の量を食間又は空腹時に温湯にて服用してください。
(食間とは食後2~3時間を指します。)
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):4錠:3回
15才未満:服用しないでください
(用法関連注意)
用法・用量を厳守してください。

ヨクイニン錠の成分・分量

本品は12錠中
ヨクイニン末 3000mg
(添加物)
リン酸水素Ca、メタケイ酸アルミン酸Mg、ステアリン酸Mg、クロスカルメロースNa、バレイショデンプン、乳糖

ヨクイニン錠の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
消化器:腹痛
皮膚:発疹
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
下痢
4.3ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

ヨクイニン錠の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない、湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります。)
(4)乾燥剤は薬がなくなるまで捨てないでください。
(5)本剤は天然物を成分としていますので、製品により若干色調が異なることがありますが、効果には変わりありません。
(6)ビンの中のつめ物は、輸送中に錠剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いてください。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。