強力イボチョンの効能・用量・副作用など

強力イボチョンの特徴

強力イボチョンは,皮膚(ひふ)の角質を軟化し,腐蝕させて,いぼ,うおの目,たこをとる薬です。患部に塗ってしばらくすると,白いうすい膜が張ってきます。この時,有効成分が徐々に浸透し,時間とともに角質を軟化して効力を発揮するよう工夫されています。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 液剤 
製造会社 福地製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC ウオノメパッチ   DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用クリーム   DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用乳状液   アスコートU   イハダ ドライキュア乳液  



強力イボチョンの効能・効果

いぼ,魚の目,たこ

強力イボチョンの用法・用量

1日1〜2回添付の棒にて適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)目に入らないように注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗い,直ちに眼科医の診療を受けてください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)外用にのみ使用し,内服しないでください。
(4)本剤が患部の周りの皮膚(ひふ)につかないよう,よく注意して使用してください。もし,ついた場合はすぐにふきとってください。
(5)いぼ,うおの目,たこがたくさんある場合は,1〜2個ずつ塗布してください。

強力イボチョンの成分・分量

100mL中
乳酸 10g
サリチル酸 10g
ジブカイン塩酸塩 0.5g
(添加物)
ヒマシ油,ピロキシリン,エーテル,エタノール

強力イボチョンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります。)
1.次の部位には使用しないでください
(1)顔面,特に目や目の周囲,粘膜(例えば,口腔,鼻腔,膣等),やわらかい皮膚(ひふ)面(首の回り,胸部,わきの下,うでの内側等),陰のう,外陰部等。
(2)炎症,亀裂や外傷のひどい患部。
(3)ロウ様光沢があり,押すと白いものが出てくる水イボ,お年寄りにできやすい黒褐色の扁平イボ,群生したイボ。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)乳幼児。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚(ふ):発疹・発赤,かゆみ

強力イボチョンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)誤用をさけ品質を保持するため,他の容器に入れ替えないでください。
(4)使用期限をすぎた製品は使用しないでください。
(5)火気に近づけないでください。