新イボサールバンの効能・用量・副作用など

新イボサールバンの特徴

うおの目・たこ・いぼに

新イボサールバン

新イボサールバン

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む)
形状 貼付剤 
製造会社 明治薬品
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用クリーム   DHC かゆみを伴う乾燥性皮膚用乳状液   アスコートU   イハダ ドライキュア乳液   イボコロリ  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



新イボサールバンの効能・効果

うおのめ,たこ,いぼ

新イボサールバンの用法・用量

被覆してある剥離紙をはぎ取り,中央部のサリチル酸絆創膏が患部を覆うように貼り付けて下さい。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(2)患部の周りの皮膚につかないよう,よく注意して使用して下さい。
(3)患部を清潔にし,1日毎を目安に交換し,入浴時には必ず取りはずして下さい。
(4)交換の際は,はがれやすく,白く軟化した表面の角質部を消毒したピンセット等で取り除いて下さい。
(5)うおのめ,たこを取った後,患部に痛みがあるようでしたら,救急絆創膏等で処置して下さい。
(化膿したり痛みがひどい場合は皮膚科医に診せて下さい。)

新イボサールバンの成分・分量

膏体100g中
サリチル酸 50g
(添加物)
精製ラノリン,ポリブテン,生ゴム,エステルガム,綿,天然ゴム,テルペン炭化水素樹脂,ポリブテン,ピネン,ジペンテン共中合体,酸化亜鉛,ポリエチレン,アクリル酸エステル共重合体

新イボサールバンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないで下さい
(1)目の周囲,粘膜,やわらかい皮膚面(首の周り等),顔面等。
(2)炎症又は傷のある患部。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
(1)乳幼児。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)妊婦又は妊娠していると思われる人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,このケースを持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.イボへの使用につきましては,表面がザラザラした硬い角質化したイボにご使用下さい。
他のイボについては医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

新イボサールバンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。