ペレウスの効能・用量・副作用など

ペレウスの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 毛髪用薬(発毛,養毛,ふけ,かゆみ止め用薬等)
形状 液剤
製造販売会社 協和新薬
販売会社 森下仁丹
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第1類医薬品

ペレウスの特徴

・まゆ毛・体毛の発毛に有効な成分であるメチルテストステロンが毛母細胞に働きかけ,発毛を促進させます。
・無色透明で,べとつかず,さらりとした液剤です。
■頭髪へはご使用できません。

ペレウスの効能効果

眉毛脱毛,腋窩無毛,恥部無毛,薄毛(まゆ毛・体毛の発毛促進に)

ペレウスの用法用量

1日1?2回適量を患部に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合は眼科医の診療を受けてください。
(2)内服しないでください。
(3)本剤の有効成分メチルテストステロンは男性ホルモンのため,頭皮には使用しないでください。

ペレウスの成分分量

100g中
メチルテストステロン 0.5g
(添加物)
グリセリン,エタノール,コレステロール,香料

ペレウスの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故がおこりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤又は本剤の成分に対しアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)ご使用前に本剤を適量出し,内股などの皮ふのうすい所にすり込んで,翌日中に薬疹,発赤,かゆみ,かぶれ,はれなどの症状が現れた人
(3)15歳未満の小児
(4)妊婦,妊娠している可能性のある女性,授乳中の人
(5)アンドロゲン依存性腫瘍(例えば前立腺腫瘍,乳腫瘍(悪性))及びその疑いのある人
(6)排尿困難を伴う前立腺肥大のある人
(7)前立腺検査※の結果,前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上の人(医師の判断に従うこと)
※本剤の有効成分(メチルテストステロン)は前立腺腫瘍を進行させるおそれがあります。
(a)特に50歳以上の男性は前立腺腫瘍の罹患率が高まるため,本剤のご使用前に前立腺検査を受ける必要があります。
(b)継続的にご使用の人は定期的な検査を受ける必要があります。
(c)検査の結果,異常があった場合には直ちに本剤のご使用を中止して,医師又は薬剤師に相談してください。
(8)睡眠時無呼吸症候群である人
(9)円形脱毛症の人
2.次の部位には使用しないこと
(1)目や目の周囲,粘膜(口腔,鼻腔等)
(2)頭髪,まつ毛
(3)陰茎部先端(尿道口),恥部の粘膜部
(4)外傷,炎症,湿疹,ただれ,化膿などのある部位
3.本剤を使用している間は,男性ホルモンを含んだいずれの医薬品も使用しないこと
4.使用者以外へ付着させないこと
(1)ご使用後は石鹸とぬるま湯で手を十分に洗ってください。
(2)本剤を使用者以外の人に付着させないように注意してください。付着した場合は直ちに洗い流してください。
(3)塗布部が他の人と接触する可能性があるときは,塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流してください。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)前立腺肥大症ではあるが,排尿困難を伴わない人
(3)本人又は家族が,薬や化粧品などによるアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ等)を起こしたことがある人
(4)重度の心臓病,腎臓病,肝臓病,高血圧又はその既往歴のある人
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるため,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
恥部,腋窩(ワキの下),眉:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等
(2)月経異常又は,男性化の兆候があらわれた場合
3.1?3ヵ月使用しても症状の改善がみられない場合は使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
4.誤った使い方をしてしまった場合,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

ペレウスの保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)直射日光の当たらない,なるべく涼しいところに密栓をして保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり,品質が変わります)
(4)火気に近づけないでください。
(5)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。

ペレウスが気になる人向けのコラム

鳥肌が立つのはなぜ? なんで鳥肌って呼ぶの? 鳥肌のメカニズム

急な寒さや恐怖に見舞われたとき、腕などに生じる肌のブツブツ。羽毛をむしり取った後の鳥の肌に似ています。
私たちの肌にも体毛が生えており、その1本1本の根元には立毛筋(りつもうきん)という筋肉が付いています。立毛筋は交感神経の支配を受け... 続きを読む

抜け毛・薄毛対策には頭皮を温めるのが効果的! シャンプーの仕方

抜け毛の季節には「頭皮温め」で頭皮代謝をアップして。頭皮の皮脂は落ちにくく、洗い残しが抜け毛などのトラブルの原因に。改善には頭皮を温めることが効果的。 頭皮の汚れは顔の汚れより落ちにくい 秋が深まるにつれ、急に抜け毛が増えてきたと感じま... 続きを読む

若くても気をつけたい20代に増えている女性の薄毛

若い女性の薄毛の原因 ①無理なダイエット
どのようなことが若い女性の薄毛や抜け毛の症状につながるのでしょうか。


異常な抜け毛や薄毛の原因はいろいろ。しかし、どのタイプでも、その症状を進行させないために、特に気をつけておきたいこ... 続きを読む

生活に支障をきたす汗は「多汗症」かも-症状によっては保険も適用

汗が気になる季節になりました。スポーツやサウナでかく汗は別として、普段は嫌われることの多い汗ですが、暑いときに発汗して体温の上昇を防ぐなど、体にとって大切な役割を果たしています。
しかし、それほど暑くもないのに皮膚の表面がぬれてしまうほ... 続きを読む

顔ツボマッサージのやり方-誰かにやってあげたくなるツボ押し

顔のマッサージは、エステティックサロン以外ではあまり行われていませんが、顔や頭部、首すじから胸元にはたくさんのツボとリンパ節が集中し、マッサージによってさまざまな効果が期待できます。リラックスはもちろん、疲れを取って全身のコンディションを... 続きを読む