エキバンAの効能・用量・副作用など

エキバンAの基本情報

エキバンA

エキバンA

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の外皮用薬
形状 液剤
製造販売会社 タイヘイ薬品
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

エキバンAの特徴

○エキバンAは,傷口にぬると一瞬しみますが,乾くと刺激がなくなり透明な被膜をつくり,外からの水やバイ菌・ホコリなどの侵入を防ぎます。
○エキバンAは,お湯や水にもはがれにくいので,ご家庭や職場での傷はもちろん,スポーツ・レジャーにもご使用いただける手軽で便利な《液体状のバンソウコウ》です。

エキバンAの効能効果

アカギレ,切傷,さかむけ

エキバンAの用法用量

患部に適量塗布
(用法関連注意)
*キャップのとがっている先でチューブの口に穴をあけてください。
*傷口を清潔にし,水分や血をよくふきとり,傷口にのみ適量を塗って,そのまま乾かしてください。
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)本剤は外用にのみ使用し,内服しないでください。
(3)数回の水仕事や入浴で被膜がはがれてきた時は,乾かした後に再びエキバンAをぬってください。
(4)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合は,すぐに水又はぬるま湯で洗い直ちに眼科医の診療を受けてください。
(5)傷口以外に広くぬらないでください。(皮膚呼吸を抑えてしまう場合があります。)
*本剤は軟膏ではありませんので,ぬり広げてのご使用は避けてください。
(6)薬液により傷口を刺激するため,小児に使用の際にはご相談ください。
又,ご使用の場合は,保護者の監督のもとご使用ください。
(7)有機溶剤が含まれているので,気管支炎(喘息等)のある方は,充分気をつけてください。
(8)固まった被膜を無理にはがそうとすると,皮膚を傷めてしまう可能性がありますので,はがす際には,気をつけてください。

エキバンAの成分分量

100g中
ピロキシリン 15g
(添加物)
dl-カンフル,ベンジルアルコール,ヒマシ油,酢酸エチル,酢酸ブチル

エキバンAの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなります。)
1.次の部位には使用しないでください。
(1)大きな切傷,深い切傷,ただれ,化膿,やけど,出血している患部
(2)目や目のまわり等,皮膚の敏感な部位,粘膜等
(3)顔面,頭部
(4)ひげそり,脱毛,除毛,脱色等により傷んだ皮膚
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことのある人
2.ご使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ,かぶれ等

エキバンAの保管上の注意

(1)小児の手の届かないところに保管してください。
(2)直射日光をさけ,涼しいところに密栓して保管してください。
(3)誤用をさけ,品質を保持するため,他の容器に入れかえないでください。
(4)火気に近づけないでください。
(5)ご使用後はチューブの口についた薬液をよくふきとってから,キャップで密栓し保管してください。
(6)使用期限をすぎたものについてはご使用にならないでください。
(7)衣類等につきますと取れにくくなりますので,充分注意してください。

エキバンAが気になる人向けのコラム

仕事と育児の両立-働きながら子育てする女性を支援する制度

少子化が社会問題となり、女性が働きながら子どもを生み・育てられるような社会制度や職場環境が望まれ対策もとられていますが、まだまだ十分な職場ばかりではありません。そのため、働き続けるために子どもを産むことをためらう女性も多いようです。無事出... 続きを読む

職場で急病人が出たときの対処法-確認した4つのこと

「職場」での急病人発生。本人は意識がなかったり、苦しんでいたりして、電話ができませんから、同僚、部下、上司、総務の方など、立場はどうあれ誰かが救急車を呼ぶべく119番に電話をしなければなりません。
はたして、救急車はすぐに職場に来てくれ... 続きを読む

毎日のお風呂で健康とリラックス-ストレスを溜めないお湯の温度は?

忙しいから普段はお風呂じゃなくてシャワー、という人も多いでしょう。でも、お風呂にはシャワーでは得られない健康効果がいっぱい。温かいお湯につかるとホッとして、疲れがとれる気がしますが、それはどうしてなのでしょうか?
入浴時、私たちの体は次... 続きを読む

家庭医が綴る福島からのメッセージ 2-避難所での医療の混乱

今回の大震災では、地震、津波の被害が沿岸部を中心に広範囲に及んだことや原発事故の発生により、さまざまな背景をもった多くの方々が避難を余儀なくされました。特に原子力災害という特殊な事情により、地震そのものでは無傷であったのにもかかわらず、原... 続きを読む

お腹と腰を暖めると便秘が治る? 看護師さんも実践する温罨法とは

入院患者の便秘の緩和に、「温罨法(おんあんぽう)」という方法が看護の現場で効果を上げています。蒸しタオルで腰やおなかを温めるだけ、という簡単な方法ですから、家庭や職場でも使えそうです。
病院では、手術後の患者さんや介護の必要な人など、... 続きを読む