オリブ油の効能・用量・副作用など

オリブ油の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の外皮用薬
形状 液剤
製造販売会社 日興製薬
販売会社 丸石製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

オリブ油の効能効果

皮膚の保護,日焼け炎症の防止,やけど,かぶれ

オリブ油の用法用量

ガーゼ,脱脂綿等に浸して皮膚(患部)に塗布する。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)目に入らないように注意すること。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお,症状が重い場合には眼科医の診療を受けること。
(4)外用にのみ使用し,内服しないこと。

オリブ油の成分分量

本品1mL中
オリブ油 1mL
(添加物)
なし

オリブ油の使用上の注意と副作用

相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,このケースを持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。
[関係部位:症状]
[皮膚:発疹・発赤,かゆみ]
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,このケースを持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること。

オリブ油の保管上の注意

(1)小児の手の届かない所に保管すること。
(2)使用後は密栓し,火気をさけて保管すること。
(3)10℃以下で,にごりやかたまりを生じるが,品質に変わりなく,その場合は容器を温湯で温め,溶かしてから使用すること。
(4)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)

オリブ油が気になる人向けのコラム

厄介な乳幼児の皮膚トラブル「とびひ」を撃退

とびひってどんな病気
正式には「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」と言います。黄色ブドウ球菌や溶血性連鎖球菌(溶連菌)が肌の引っかき傷や、転んでできた傷などに感染して起こる皮膚病です。7歳以下の子どもがかかりやすいのは、黄色ブドウ... 続きを読む

【コレって病気?】みかんの食べ過ぎで皮膚が黄色くなる

黄色人種の黄疸は白目の部分で判定する 黄疸(おうだん)という症状を聞いたことがあるでしょうか。黄疸とは、ビリルビンという黄色い色素が血液中に増加し、全身の皮膚や粘膜に沈着した状態をいいます。 日本人のような黄色人種では、皮膚の色が黄色... 続きを読む

ネイティブアメリカンから伝わる薬草パワーは現代人の強い味方

砂漠で生きる植物の強い生命力をストレス社会に取り入れて。 ネイティブアメリカンは砂漠の植物の力を上手に取り入れていた。現代生活でも活用したいハーブの力を紹介。 ネイティブアメリカンは薬草使いの天才 ネイティブアメリカン(アメリカ先住... 続きを読む

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

医者が教える【医者のホンネ】 50%の確立で治るはほぼ大丈夫の意味?

医者にかかったとき、「五分五分です」と言われたら……?
「え、そんなに悪いんですか!?」と驚きますよね。実はこれ「50%の確率でしかよくならない」ではなく、「ほぼ大丈夫」という意味なんです!
言葉の裏に隠された「医者コトバ」のホンネを、... 続きを読む