オリブ油「タイセイ」Pの効能・用量・副作用など

オリブ油「タイセイ」Pの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の外皮用薬
形状 液剤
製造販売会社 大成薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

オリブ油「タイセイ」Pの効能効果

皮ふの保護、日焼けの炎症の防止、やけど、かぶれ

オリブ油「タイセイ」Pの用法用量

ガーゼ、脱脂綿等に浸して皮ふ(患部)に塗る。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(2)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合は、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
(3)外用にのみ使用すること。

オリブ油「タイセイ」Pの成分分量

1mL中
日本薬局方オリブ油 1mL
(添加物)
なし

オリブ油「タイセイ」Pの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の診療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)湿潤やただれのひどい人。
2.使用後、次の症状があらわれた場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位]:皮ふ
[症状]:発疹・発赤、かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

オリブ油「タイセイ」Pの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かないところに保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり,品質が変わる。)
(4)火気に近づけないこと。
(5)10℃以下でにごりやかたまりを生じるが、品質に変わりなく、その場合は容器を温湯で温め、溶かしてから使用すること。

オリブ油「タイセイ」Pに効果効能が似た薬

オリブ油「タイセイ」Pが気になる人向けのコラム

冬場に増える低温やけど-痛みを感じなくても重症の場合がある

暖房器具が欠かせない季節、気をつけたいのが「低温やけど」です。使い捨てカイロやこたつ、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペットなど、ふだん危険を感じることなく使っているものが原因になります。
「温かくて快適」と感じる温度でも、長時間、体... 続きを読む

「ヨーグルト」が菌による膣の炎症に効果あり!

「カンジダ」とはどのような病気?

真菌(しんきん)(カビ)の一種であるカンジダは腟内の常在菌のひとつです。
カンジダが異常増殖することによって、外陰部の皮膚に症状を来す疾患を外陰カンジダ症といいます。通常、腟炎(ちつえん)を合併す... 続きを読む

生理用品の選び方-生理中のかぶれやムレはナプキンが原因?

ナプキンとタンポンはどう使い分けるの?
自分に合ったナプキンはどう選ぶの?
布ナプキンは何がいいの?
そんな生理用品にまつわる疑問にお答えします。 ナプキン選びは体感や快適性にこだわって 半数以上がタンポン派といわれる欧米と異なり、... 続きを読む

素足美人になるフットケア 2 足浴のすすめ、ドライヤーでもOK?

長時間立ちっぱなしだったり、一日中ハイヒールをはいて過ごしたりして足が疲れたり、むくんだとき。あるいはこの季節、寒くて足が冷えきってしまったとき、足浴をためしてみませんか?
足をお湯につけて温めると、足先の血管が広がって、血行がよくなり... 続きを読む

アロマオイルの香りが心や体にいい訳とは-好みの香りでリラックス

花の香りに気持ちが明るくなったり、木々の香りに清々しい気分になった経験はありませんか?
植物の香りを心身の美と健康に役立てる健康法がアロマテラピー(芳香療法)です。植物によって香りが異なるように、その効果もそれぞれの個性をもっています。リ... 続きを読む