リトスペール軟膏の効能・用量・副作用など

リトスペール軟膏の特徴

紫根(シコン)は,古くから生薬,染料として用いられ,これを医薬品として利用した例の中でも有名なものには「紫雲膏(しうんこう)」という漢方製剤があります。リトスペール軟膏も同様に紫根を用いております。紫根とは読んで字の如し,ムラサキ属の“ムラサキ””という植物の根のことで,赤紫色をしています。これを成分とする本品も同じ色をしています。この色素が紫根中の主成分であるシコニン及びアセチルシコニンであり,皮膚創傷,火傷面の新生や肉芽形成に効果をあらわします。つまり,皮膚自身の治癒力を高めて助ける働きがありますので,切り傷,やけど,しもやけなどの症状改善を促進してくれます。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の外皮用薬
形状 塗布剤 
製造会社 東宝製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 DHC 液体絆創膏   HPクリーム   HPローション   アットノン   アットノン c  



リトスペール軟膏の効能・効果

外科創傷(切傷),火傷,一般潰瘍(ただれ),凍傷(しもやけ),きれ痔

リトスペール軟膏の用法・用量

本品を適宜患部に塗布する。
(用法関連注意)
(1)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(2)目に入らないよう注意してください。万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用してください。

リトスペール軟膏の成分・分量

1350g中
抽出油 950g (シコン100g,大豆油1000g)
ミツロウ 400g
(添加物)
なし

リトスペール軟膏の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の人は使用しないでください
(1)本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(2)湿潤・ただれ・やけど・外傷のひどい人。
(3)傷口が化膿している人。
(4)患部が広範囲の人。
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
・医師の治療を受けている人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
その他:刺激感
3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください

リトスペール軟膏の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)軟膏が冷たくなりすぎるとチューブから出なくなる場合があります。その場合には,温かい場所に移してしばらくしてから使用してください。
(5)本剤は日時の経過とともに色調の変化が幾分見られますが,有効成分の効果には変わりありません。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。