アイカフーンの効能・用量・副作用など

アイカフーンの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 テイカ製薬
医薬品区分 一般配置兼用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アイカフーンの特徴

1.春の杉花粉や秋のブタクサなどによる花粉症(目のアレルギー反応)による目のかゆみにすぐれた効果を発揮します。
2.読書、受験勉強、長い時間テレビをみるなど、使いすぎた目をすこやかにします。

アイカフーンの効能効果

目の疲れ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)

アイカフーンの用法用量

1日3?6回、1回2?3滴点眼してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用すると、異常なまぶしさを感じたり、かえって充血を招くことがあります。
(3)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)容器の先をまぶた、まつ毛に触れさせないでください。また、混濁したものは使用しないでください。
(5)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(6)点眼用にのみ使用してください。

アイカフーンの成分分量

100mL中
ナファゾリン塩酸塩 3mg
イプシロン-アミノカプロン酸 1000mg
グリチルリチン酸二カリウム 100mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 30mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 50mg
(添加物)
ホウ酸、ホウ砂、クロロブタノール、パラベン、l-メントール、d-ボルネオール、エタノール

アイカフーンの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
目:充血、かゆみ、はれ
3.次の場合は使用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)目のかすみが改善されない場合
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合

アイカフーンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(ラベルとケースに記載)を過ぎた製品は、使用しないでください。
(6)保存の状態によっては、成分の結晶が容器の点眼口周囲やキャップの内側に付くことがあります。その場合には、清潔なガーゼで軽くふきとって使用してください。

アイカフーンが気になる人向けのコラム

秋の花粉症やダニアレルギーに要注意! 痛くない鼻洗いのやり方

吹く風も冷たくなり、すっかり秋らしくなってきたこの頃、鼻がムズムズしたり、咳が出たりといった風邪のような症状に悩まされている人はいないでしょうか。しかし、それは風邪ではなく、秋の花粉症かもしれません。スギ花粉症がない人でも、秋の花粉症を... 続きを読む

生活に取り入れたいアロマテラピー 乾燥しょうがは万能ハーブ

春の訪れは突然にやってきます。ふと気がつくと梅の花が咲き、桜の花が開き始めます。暖かな日差しを受け、春を迎える喜びを感じるその日は、新たな1年のスタートのように思われます。まずは体の準備が必要です。冬の間の寒さから体を守ってくれた肌や粘膜... 続きを読む

舌下免疫療法

国民の4人に1人がかかっている花粉症。その画期的な治療法として注目されているのが「舌下免疫療法」です。
これまでの花粉症の治療法といえば、症状をやわらげる対症療法が中心。薬を飲んだり、鼻の粘膜を焼いて症状を抑える方法などがあります。舌... 続きを読む

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

肌が荒れやすい春のスキンケアのコツ|シンプル&低刺激がポイント

冬ごもりから一転、活動的になる春。春は出会いの季節、スタートの季節、なんていうとウキウキ気分に聞こえるけれど、実際には冬眠から目覚めた熊よろしく、お天気や気温の変化の様子をうかがいながら、体温が、毛穴が、自律神経が調整を始めたところで、全... 続きを読む