アイガンビューティの効能・用量・副作用など

アイガンビューティの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 廣貫堂
医薬品区分 配置用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

アイガンビューティの特徴

近年,花粉やハウスダスト(室内塵),大気汚染などの原因となって起こる眼疾患が増えています。この中で「目のかゆみ」は最も多い症状です。かゆみは,まぶたのふちや目頭に強く現れ,つい不快感から手でこすり症状を悪化させることがあります。アイガンビューティはこのような「目のかゆみ」や「結膜充血」などにすぐれた効果をあらわします。また、紫外線による眼炎や眼病予防にもお使い頂けます。

アイガンビューティの効能効果

目のかゆみ,結膜充血,目の疲れ,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),眼瞼炎(まぶたのただれ),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかすみ(目やにの多いときなど)

アイガンビューティの用法用量

1回2?3滴,1日5?6回点眼してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用すると,異常なまぶしさを感じたり,かえって充血を招くことがあります。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。容器の先が,まぶたやまつ毛に触れますと,目やにや雑菌などのため,薬液が汚染または混濁することがありますので,注意してください。また,混濁したものは,使用しないでください。
(5)保存の状態によっては,成分の結晶が容器の先をキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼなどで軽くふきとってください。
(6)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(7)点眼用にのみ使用してください。

アイガンビューティの成分分量

100mL中
イプシロン-アミノカプロン酸 2000mg
グリチルリチン酸二カリウム 200mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 30mg
ナファゾリン塩酸塩 3mg
(添加物)
ホウ酸,クエン酸水和物,パラベン,クロロブタノール,l-メントール,d-ボルネオール,d-カンフル,エタノール

アイガンビューティの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し,この添付文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)目のかすみが改善されない場合。
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

アイガンビューティの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限の過ぎた製品は使用しないでください。

アイガンビューティに効果効能が似た薬

アイガンビューティが気になる人向けのコラム

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

災害時への備えに必要なもの-帰宅困難や避難所生活への備えとは

昨年の3.11以降で人々を大きく驚かせたのは、東京大学地震研究所による首都直下型地震の警告ではないでしょうか。何しろ「4年以内にマグニチュード7クラスの発生確率が70%」というのですから……。
これがもし「4年後に」というのでしたら、... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

花粉症対策は早めがベスト-花粉が飛んできてから飲むのでは遅い

花粉症の持病がある人には、憂うつな季節が近づいてきました。民間の気象予報会社の予想によると、一部の地域では2月上旬からスギ花粉が徐々に飛び始め、2月中旬になると飛散開始の地域が一気に拡大しそうだとか。
今季を特に憂うつなシーズンにしそ... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む