ノアールワンNの効能・用量・副作用など

ノアールワンNの基本情報

ノアールワンN

ノアールワンN

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 一般点眼薬
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ノアールワンNの特徴

●目の疲れに効果をあらわすビタミンB12 ・B6 を配合しています。
●紫外線などによる目の炎症にグリチルリチン酸二カリウムが,結膜の充血にはナファゾリン塩酸塩が効果をあらわします。
●防腐剤を含まない1回使いきりタイプの目薬です。目にやさしいさしごこちです。

ノアールワンNの効能効果

目の疲れ,目のかすみ(目やにの多いときなど),結膜充血,眼瞼炎(まぶたのただれ),紫外線その他の光線による眼炎(雪目など),ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感,目のかゆみ,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど)

ノアールワンNの用法用量

1日3?6回,1回1?3滴点眼します。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用しますと,異常なまぶしさを感じたり,かえって充血を招くことがあります。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)開封の際に,いきおいよく開封したり,強く押えて開封すると薬液が飛び散ることがありますので,ゆっくり開封してください。
(5)使用の際には,最初の2?3滴は点眼せずに捨ててください。
(6)容器を開封するとき,切り方によっては切り口に凹凸が生じる場合もありますので,容器の先端が目に触れないように注意してください。
(7)容器の先をまぶた,まつ毛に触れさせないでください。また,混濁したものは使用しないでください。
(8)本剤は防腐剤を含まない1回使いきりタイプの目薬ですので,使用後の残液は捨ててください。
(9)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(10)点眼用にのみ使用してください。

ノアールワンNの成分分量

100mL中(1本0.5mL)
ビタミンB12 4mg
ビタミンB6 100mg
グリチルリチン酸二カリウム 50mg
ナファゾリン塩酸塩 3mg
(添加物)
塩化Na,塩化Ca,ホウ酸,pH調整剤

ノアールワンNの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人。
緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
3.次の場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)目のかすみが改善されない場合。
(2)5?6日間使用しても症状がよくならない場合。

ノアールワンNの保管上の注意

(1)直射日光や蛍光灯の光に当たらないようにして,なるべく涼しい所に保管してください。
(ビタミンB12 は光に当たると分解して退色します。)
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
(6)本剤は,ピンク色の目薬ですから,衣服につかないように注意してください。もし衣服についたときは,すぐに水で洗い流していただければシミになりません。
(7)ズボンの後ろポケット等に携帯すると,容器が開封されてしまうことがありますので,ご注意ください。

ノアールワンNが気になる人向けのコラム

目やまぶたの腫れ、ものもらいの対処方法

放置しがちな「ものもらい」の症状とは
たびたび、目がチカチカ痛くなったり、まぶたが重くなったりすることはありませんか?大抵の場合は、目の疲れや寝不足などのストレスが重なって症状が出るため、その日のうちか数日すれば自然に治っているというこ... 続きを読む

紫外線対策でシミ・シワを予防-紫外線は肌の老化の原因になる?

紫外線というと、まず気になるのは日焼けですが、シミやシワなどにも深くかかわっていることがわかっています。シミ・シワといえば、典型的な肌の老化現象。肌の老化を「光老化」と呼ぶように、肌の老化の約80%は紫外線が原因といわれています。日焼けが... 続きを読む

春から始めたい紫外線対策-おすすめの日焼け止めの選び方

紫外線と聞いて、何を連想するでしょうか。真夏の太陽?
それとも日焼けした肌?
紫外線量は、北半球では夏至のころ、6月に最も多くなります。4月ごろから増えはじめますから、5月のよく晴れた日などは要注意です。真夏の7月、8月ともなると、大な... 続きを読む

ウルトラマラソン完走でわかった「走った翌日に疲れを残さない食べ物」

マラソン大会のシーズンたけなわ。エントリーした大会の出場を控えている人も多いのではないでしょうか。 秋風そよぐ中、全国各地で魅力的なコースを走るマラソンの楽しみは格別ですが、忘れてならないのがラン前後のケア。ぶっつけ本番の人はもちろん、... 続きを読む

4月から9月は紫外線対策を!シミ・シワを防ぐ4つのポイント

日焼けといえば夏のイメージですが、油断はできません。4月から9月ごろまでは強い紫外線が降り注いでいます。特に5月のよく晴れた日は、紫外線量が多い割に肌は日差しに慣れていないため、ダメージを受けやすいので注意しましょう。
オゾン層の破壊... 続きを読む