ノアールアイウォッシュSの効能・用量・副作用など

ノアールアイウォッシュSの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 洗眼薬
形状 液剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ノアールアイウォッシュSの特徴

●目やにの多いときの目の洗浄に
●水泳のあとの眼病予防に
●目についた花粉やほこりの洗浄に
●コンタクトレンズをはずしたあとの目の洗浄に

ノアールアイウォッシュSの効能効果

目の洗浄,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど)

ノアールアイウォッシュSの用法用量

1日3?6回,1回5mLを用いて洗眼してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法,用量をお厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)コンタクトレンズの装着液として,また,コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。
(4)洗眼カップは使用前後に水道水で十分に洗浄してください。
(5)混濁したものは使用しないでください。
(6)洗眼にのみ使用してください。
(7)ご使用前に,目のまわりの化粧や汚れはきれいにふきとってください。
(8)片方の目を洗った薬液で,もう一方の目を洗わないでください。
(9)洗眼カップの目への押し当ては,強過ぎますと目の周辺に影響を与えることが考えられますので,指先で軽く押し当ててご使用ください。

ノアールアイウォッシュSの成分分量

100mL中
イプシロン-アミノカプロン酸 200mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 3mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 10mg
タウリン(アミノエチルスルホン酸) 100mg
L-アスパラギン酸カリウム 100mg
(添加物)
l-メントール,dl-カンフル,ベンザルコニウム塩化物,ポリソルベート80,ホウ酸,塩化Na,塩化K,pH調整剤

ノアールアイウォッシュSの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起したことがある人。
(3)次の症状のある人。
はげしい目の痛み
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ

ノアールアイウォッシュSの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)洗眼カップは他の人と共用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。
(6)温度40℃以上になる所に置かないでください。自動車の車内(ダッシュボードなど)や暖房器具の近くなどに放置すると,容器が変形することがあります。

ノアールアイウォッシュSが気になる人向けのコラム

耳そうじはどれぐらいの間隔でするべき? 正しい耳そうじの仕方

皆さんは耳そうじを定期的にしていますか?
定期的にといっても週に何回もやる必要はないのですが、かといって1年に1回とか2~3回などというのも、ちょっと問題かもしれません。そんなに放っておいて、耳の中がかゆくなったりすることはないのでしょう... 続きを読む

夏は眼のトラブルになりがち-子どもが罹りやすいウイルス感染とは


夏は目にとって、“受難”の季節です。ウイルスの感染による結膜炎がはやったり、強い紫外線によって角膜に急性の炎症が起きることがあります。また紫外線は白内障をもたらす原因にもなります。夏は日焼けだけでなく、目のトラブルにも注目しておきましょ... 続きを読む

たっぷり汗をかけるサウナ風呂ダイエット

サウナ風呂
汗をかかない体質の方は代謝が落ちて太りやすいことがあります。
ダイエットに成功しても代謝が落ちたままだとリバウンドしやすいです。
ダイエットとリバウンドを繰り返していると身体に無理が生じて健康にも悪いです。
そこでサウ... 続きを読む

遅刻にさよなら! あと30分早く家を出るための【4つの鉄則】

「カギはどこ?」「コーディネートが決まらない!」。本当は余裕で出られるはずだったのに、準備でつまずき結局遅刻……。出かける前にバタバタするクセを直して、30分早く家を出られる方法をご紹介します。 遅刻の根本原因は
あなたの考え方の“ク... 続きを読む

とっても怖い熱中症!その原因は汗にある!

熱中症ってどうしてなるの?
熱中症になるのはどういった時なのでしょうか?

暑いとき、私たちの体は汗をかき、汗が蒸発するときに皮膚から熱を奪い、体温が上がり過ぎないように調節します。大量に汗をかいたまま水分を補給しないでいると、汗と... 続きを読む