ロートフラッシュの効能・用量・副作用など

ロートフラッシュの基本情報

ロートフラッシュ

ロートフラッシュ

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 洗眼薬
形状 液剤
製造販売会社 ロート製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

ロートフラッシュの効能効果

目の洗浄,眼病予防(水泳のあと,ほこりや汗が目に入ったときなど)

ロートフラッシュの用法用量

添付のアイカップで,1日3?6回,1回5mLを用いて洗眼してください。
(用法関連注意)
(1)用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)コンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。また,再装着する場合は,洗眼してから10?15分程度あけてください。
(4)アイカップは使用前後に水道水で十分に洗浄してください。
(5)混濁したものは使用しないでください。
(6)洗眼用にのみ使用してください。
(7)長期連用しないでください。

ロートフラッシュの成分分量

グリチルリチン酸二カリウム 0.00025
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.00003
L-アスパラギン酸カリウム 0.001
(添加物)
ホウ酸,ホウ砂,l-メントール,d-カンフル,ペパーミントオイル,プロピレングリコール,エデト酸ナトリウム,ポリソルベート80,pH調節剤

ロートフラッシュの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人:はげしい目の痛み
(4)次の診断を受けた人:眼球乾燥症候群(ドライアイ)
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この外箱を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
目:充血,かゆみ,はれ
●その他,目に何らかの異常が感じられた場合

ロートフラッシュの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)アイカップは他の人と共用しないでください。
(5)使用期限(外箱・容器に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても一度開封した後は,なるべく早くご使用ください。
(6)保存の状態によっては,成分の結晶が容器の口周辺につくことがあります。その場合は,清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用ください。

ロートフラッシュに効果効能が似た薬

ロートフラッシュが気になる人向けのコラム

遅刻にさよなら! あと30分早く家を出るための【4つの鉄則】

「カギはどこ?」「コーディネートが決まらない!」。本当は余裕で出られるはずだったのに、準備でつまずき結局遅刻……。出かける前にバタバタするクセを直して、30分早く家を出られる方法をご紹介します。 遅刻の根本原因は
あなたの考え方の“ク... 続きを読む

老眼予防になる! 目のストレッチや簡単ケアでリフレッシュ

目も体と同じ。運動しなければ老化は進む 「目の老化も体と同じ。運動しなければ筋肉は衰え、老化は進みます」と言うのは、アンチエイジングドクターで眼科医でもある日比野佐和子先生。 「目の筋肉を鍛えたりほぐしたりすることは、目の筋肉の若さを... 続きを読む

汗腺を鍛えてサラサラの良い汗を-ベタベタ汗は生活習慣が原因

日差しが一段と強さを増し夏本番を迎えると、気になるのが汗、そしてにおいです。満員電車や人込みで汗臭さを感じると、「もしかしたら、私もにおってる?」と気になるものです。
汗には、「よい汗」と「悪い汗」があります。「よい汗」はサラサラして... 続きを読む

緊張してなくても手のひらに汗、、、それってもしかして病気かも?

夏は汗をかきやすい季節。外出にはハンカチが手放せなくなりますね。汗には、体内の熱を放出して、体温を一定に保ってくれる働きがあります。
ところが、通常では発汗しないとされている状態で、大量に汗をかいてしまう病気があり、多汗症と呼ばれています... 続きを読む

現代人は眼が疲れてる-眼筋の疲れをほぐす6ステップストレッチ

10月10日は「目の愛護デー」です。パソコンと携帯電話のない生活はもう考えられないという人は多いと思いますが、これらの普及に伴い、目の疲れを訴える人が急増しています。仕事で長時間パソコンを使い、通勤途中にケイタイでメールを打ち、自宅ではテ... 続きを読む