ナザール「スプレー」の効能・用量・副作用など

ナザール「スプレー」の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 鼻炎用点鼻薬
形状 噴霧剤
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

ナザール「スプレー」の特徴

●ナファゾリン塩酸塩の働きにより鼻腔内の血管を収縮させ,うっ血や炎症を抑え,鼻の通りをよくします。
●クロルフェニラミンマレイン酸塩の働きにより,鼻腔内のアレルギー症状を抑え,効果をあらわします。

ナザール「スプレー」の効能効果

アレルギー性鼻炎,急性鼻炎又は副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:鼻づまり,鼻水(鼻汁過多),くしゃみ,頭重

ナザール「スプレー」の用法用量

[年齢:1回使用量:1日使用回数]
大人(15才以上):1?2度:6回を限度として鼻腔内に噴霧してください なお,適用間隔は3時間以上おいてください
7?14才:1?2度:6回を限度として鼻腔内に噴霧してください なお,適用間隔は3時間以上おいてください
7才未満:使用しないでください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)過度に使用しますと,かえって鼻づまりを起こすことがあります。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(4)点鼻用にのみ使用してください。

ナザール「スプレー」の成分分量

100mL中
ナファゾリン塩酸塩 50mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 500mg
ベンザルコニウム塩化物 10mg
(添加物)
ジメチルポリシロキサン,二酸化ケイ素,リン酸二水素K,リン酸水素2K,クエン酸,塩化Na,香料(フェニルエチルアルコール,ベンジルアルコール,ポリソルベート20を含む)

ナザール「スプレー」の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
長期連用しないでください
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(4)次の診断を受けた人。
高血圧,心臓病,糖尿病,甲状腺機能障害,緑内障
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
鼻:はれ,刺激感
3.3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

ナザール「スプレー」の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)他の人と共用しないでください。
(5)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

ナザール「スプレー」が気になる人向けのコラム

目やにが大量にでるのは病気? 目やにの原因とケアの正しい仕方

「目くそ鼻くそを笑う」ということわざがあります。自分の欠点には気づかずに、他人の欠点を見下すことの例えです。確かにいますよね、こういう人。なぜ目くそ(目やに)と鼻くそが例えに用いられるのかというと、元は一緒で汚さではどっちもどっち、同じよ... 続きを読む

【鼻づまり】はペットボトルと寝相で解消!

くしゃみや鼻水もつらいけれど、花粉でツラいのは「鼻づまり」という方も多いことでしょう。鼻づまりは花粉症などで鼻の穴の表面粘膜が炎症を起こして腫れ、空気が通れなくなることで起こります。 鼻づまりになると、頭がボーッとするだけでなく、鼻で... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

【医師が回答!】鼻筋を通すにはどうしたらいいの? 整形せずに鼻を高くしたい

私は鼻筋が通っていなくて、団子っ鼻なのがすごくコンプレックスです。整形とかはしたくないので、せめて、その鼻が目立たないような表情とかがあれば教えてください! (質問者
ペンギンさん) 教えて!goo 団子っ鼻がコンプレックスというペ... 続きを読む

!食べたらメモダイエット

食べたらメモ
食べたらメモダイエットとは、その名の通り食べた後に食べたものをメモするだけのダイエットです。
まずはメモ帳でもパソコンでもかまいませんので、食後忘れないうちに食べたものをさっとメモします。
この時、メモを読み返して細か... 続きを読む