ナリピタンの効能・用量・副作用など

ナリピタンの基本情報

ナリピタン

ナリピタン

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の耳鼻科用薬
形状 錠剤
製造販売会社 原沢製薬工業
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第「2」類医薬品

ナリピタンの特徴

1.気になる耳なり,肩こりを改善する内服薬です
2.有効成分ニコチン酸アミド,パパベリン塩酸塩が,血行を改善し,ビタミンB群が加齢とともに衰えた神経の調子を整え,耳なり,肩こりを改善します

ナリピタンの効能効果

耳鳴症,皮膚炎,じんましん,にきび,吹出物,肩こり

ナリピタンの用法用量

1回2?3錠,1日3回毎食後に水またはお湯で服用してください
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)吸湿しやすいため,服用のつどキャップをしっかりしめること
●15才未満は服用しないこと

ナリピタンの成分分量

9錠中
ニコチン酸アミド 180mg
カフェイン水和物 180mg
パパベリン塩酸塩 45mg
チアミン塩化物塩酸塩 90mg
リボフラビン 9mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 18mg
アロエ末 18mg
アミノ安息香酸エチル 270mg
(添加物)
アラビアゴム末,カオリン,ケイ酸マグネシウム,セラック,ゼラチン,タルク,炭酸カルシウム,デキストリン,白糖,バレイショデンプン,ヒマシ油,黄色4号(タートラジン)

ナリピタンの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)
1.次の人は服用しないこと
15才未満の小児
2.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと
他の乗物酔い薬,かぜ薬,解熱鎮痛薬,鎮静薬,鎮咳去痰薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬など(鼻炎用内服薬,アレルギー用薬など)
3.服用後,乗物または機械類の運転操作をしないこと(眠気などがあらわれることがある)
4.長期連用しないこと
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある人
(4)今までに他の抗ヒスタミン剤,乗物酔い薬,かぜ薬,鎮咳去痰薬などによりアレルギー症状(例えば,発疹・発赤,かゆみなど)を起こしたことがある人
(5)次の症状のある人:排尿困難
(6)次の診断を受けた人:緑内障(例えば,目の痛み,目のかすみなど),心臓病
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
泌尿器:排尿困難
循環器:血圧上昇
まれに次の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること
[症状の名称:症状]
再生不良性貧血:青あざ,鼻血,歯ぐきの出血,発熱,皮ふや粘膜が青白く見える,疲労感,動悸,息切れ,気分が悪くなりくらっとする,血尿などがあらわれる
無顆粒球症:突然の高熱,さむけ,のどの痛みなどがあらわれる
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること:口のかわき,眠気,便秘,下痢
4.5?6日間服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談すること

ナリピタンの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
(5)ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
(6)乾燥剤は服用しないこと

ナリピタンが気になる人向けのコラム

うつ病自己診断チェック表‐うつかもと不安を感じたらまずは症状を確認

仕事の過度なストレスでうつ病になったなど、最近よく耳にします。実際、患者数は2000年以降、急増。「私、うつ病かも?」と思ったら、早期に治療するためにも、まずセルフチェックで判断してみましょう。 気分の落ち込みが激しい状態が続く 近年... 続きを読む

老化物質が体に溜まると老ける-大豆サポニンBが老化物質を除去?

ある程度年齢を重ねた女性なら、老化を防ぎ若返りを促すアンチエイジングに関心を持っていることでしょう。
老化とは、年齢とともに体に備わったさまざまな機能が低下することといえます。この機能低下の原因の一つと考えられているのが、体内にたまっ... 続きを読む

ピロリ菌やがんから胃を守る-こんな不調があったら要注意?

食欲の秋なのに、なんとなく胃の調子がすぐれず「食べたいのに食べられない」と憂うつな気分になっている人はいませんか?
「日本人は胃が弱い」とはよくいわれます。がんの部位別死亡率をみると、最近は肺がんにトップの座を譲ったものの、長い間、胃が... 続きを読む

妊娠中の頑固な肩こりを解消する5つの方法|肩こりの4つの原因

今までと体調、体型、生活スタイルが変わってくる妊娠中。慢性的に起こる肩こりを辛く感じている妊婦さんも多くいます。そこで、自分でできる解消法をご紹介します。 肩コリは妊娠中、どんどんひどくなる! 女性は男性に比べてもともと筋肉が少ないために... 続きを読む

目のつくりと物が見えるメカニズム-近視や老眼はなぜ起こる?

目は光によってものの色や形、遠近、動きなどを感じる感覚器官です。私たちは五感を使って外界の情報をキャッチしていますが、なかでも目(視覚)は、情報全体の約80%を捉えるといわれます。耳(聴覚)は声や物音、鼻(嗅覚=きゅうかく)はにおい、舌(... 続きを読む