フジビトールの効能・用量・副作用など

フジビトールの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の耳鼻科用薬
形状 カプセル剤
製造販売会社 湧永製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

フジビトールの特徴

フジビトールは,生薬のみを有効成分として配合した鼻疾患治療薬で,13種類の生薬が協調して鼻粘膜の炎症や腫れ(はれ)をしずめ,蓄膿症や鼻炎の症状を改善します。
眠気をおこす成分を配合しておりませんので,眠気が気になる方にもおすすめできる鼻炎薬です。

フジビトールの効能効果

蓄膿症,鼻炎

フジビトールの用法用量

1回次の量を食後に水又はお湯と一緒に服用してください。
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15才以上):3カプセル:3回
7才以上15才未満:2カプセル:3回
5才以上7才未満:1カプセル:3回
5才未満:服用させないでください
(用法関連注意)
(1)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください。
(2)カプセルの取り出し方
カプセルの入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用してください。
(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながります。)

フジビトールの成分分量

9カプセル中
サフリィル(コウカ乾燥エキス) 20mg
複方ヨクイニン散 80mg (ハトムギ,サンキライ,ジュウヤク各23mgより製したエキス23mg,ヨクイニン末69mg)
生薬Aエキス 2140mg (カンゾウ972mg,ジュウヤク1944mg)
生薬Bエキス 2480mg (キキョウ,キジツ,センキュウ,ジュウヤク,ビャクシ,ソウジ各972mg)
シャクヤク末 1458mg
シンイ末 972mg
(添加物)
乳糖,カルメロースカルシウム(CMC-Ca),クロスポビドン,マクロゴール,ケイ酸カルシウム,ステアリン酸マグネシウム,ゼラチン

フジビトールの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

フジビトールの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)アルミ袋開封後は品質保持の点からなるべく早めに服用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

フジビトールが気になる人向けのコラム

妊娠が分かる前に飲んだ薬の影響は? 飲んでも大丈夫な薬はある?

妊娠していると気付かずに、薬を服用してしまい、心配になる人も多くいます。妊娠中の薬の服用は慎重に行いたいものですが、実は多くの薬が心配のないもの。特に注意したい期間や、薬の種類をご紹介します。 妊娠4〜7週は特に注意
「絶対過敏期」 妊娠... 続きを読む

副作用なし!【アレルギー抑制食材】でクシャミ鼻水をストップ

花粉前線が着々と北上中!
ティッシュとマスクが手放せない花粉症の季節がついに到来します。薬を飲めば、鼻水や涙は止まるけど、喉が乾く、眠くなるといった悩みも。今年は、副作用なしの食事で花粉症対策をはじめてみませんか? 医学的研究で明らか... 続きを読む

アレルギー薬の抗ヒスタミンが眠くなるのは嘘? ヒスタミン5つの働き

アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー病の患者さんの場合、アレルギーの原因となる物質が体内に入ってくると、これを体にとって「異物」として攻撃するために、免疫を担う白血球を構成する肥満細胞(※)が反応します。
この反応で肥満細胞はヒスタ... 続きを読む

冬場によく眠れない人の快眠術-眠りにちょうど良い室温は何度?

暖房の普及で、冬は寒くて眠れない、などということはほとんどなくなったでしょうが、一部の人、例えば冷え性の人などにとっては歓迎されない季節かもしれません。冬でも“春眠”なみの快適な眠りを確保するには、この季節なりの工夫が必要です。
まず... 続きを読む

寝ても寝足りない?こんな眠気の症状に要注意!

昼間の強烈な眠気はナルコレプシーかも
特に昼間、仕事などが手につかないほど強い眠気に襲われる場合は、ナルコレプシーという睡眠麻痺かもしれません。



ナルコレプシーは、昼間の耐えがたい眠気や、笑ったりびっくりすると全身の力が抜... 続きを読む