伶鳴の効能・用量・副作用など

伶鳴の特徴

「伶鳴」は耳鳴りを改善するために,16種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

伶鳴

伶鳴

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 その他の耳鼻科用薬
形状 煎剤・浸剤 
製造会社 建林松鶴堂
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 アンスノール   エンピーズ   ナリピタン   フジビトール   ホノミビスキン  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



伶鳴の効能・効果

耳鳴り

伶鳴の用法・用量

本品1包を煎じる容器(鉄製のものは使用しない)に入れ,水500mL(約3合)を加えて火に掛け,沸騰したら弱火にし,ふきこぼれないように気をつけながら約半量となるまで煎じ,成人1日量とし食間に服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1日分の1/3量:3回
7歳以上15歳以下:成人の1/2量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/3量:3回
4歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
食間とは,食後2~3時間を指します。
(1)服用に際しては,人肌程度に温めて服用すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

伶鳴の成分・分量

1包(8g)中
オウバク 0.5g
ダイオウ 0.5g
カンゾウ 0.5g
トウキ 0.5g
センキュウ 0.5g
ジオウ 0.5g
オウゴン 0.5g
サンシシ 0.5g
コウブシ 0.5g
サイコ 0.5g
キジツ 0.5g
チモ 0.5g
モッコウ 0.5g
ボウフウ 0.5g
セイヒ 0.5g
レンギョウ 0.5g
(添加物)
添加物は含有していません。

伶鳴の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
授乳中の人は本剤を服用しないか,本剤を服用する場合は授乳を避けること
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)体の虚弱な人(体力の衰えている人,体の弱い人)。
(4)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(5)次の医薬品を服用している人。
便秘薬(下剤)
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,はげしい腹痛を伴う下痢,腹痛
3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
軟便,下痢
4.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

伶鳴の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)煎じた薬液は,冷蔵庫に保管してなるべく早めに服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。