のどぬーるの効能・用量・副作用など

のどぬーるの特徴

殺菌・消毒効果の高い有効成分を自分で直接ぬることができます。

のどぬーる

のどぬーる

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 液剤 
製造会社 福地製薬
販売会社 小林製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 0.2%ピオクタニン水溶液「ホンゾウ」   AZのどスプレータイヨー   AZプラスCPCのどスプレー   DHC トローチ   DHC のどスプレー  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



のどぬーるの効能・効果

のどの殺菌・消毒

のどぬーるの用法・用量

適宜,適量を患部に塗布してください
(用法関連注意)
(1)のどにぬるとき,綿などにしみこませ過ぎないように注意すること
(2)薬液を誤って大量に飲み込んだ時は,直ちに医師の診療を受けること
(3)小児に使用させる場合には特に注意し,保護者の指導監督のもとに使用させること

のどぬーるの成分・分量

100mL中
ヨウ素 1g
(添加物)
ヨウ化カリウム,グリセリン,ハッカ水,香料(フェノール)

のどぬーるの使用上の注意と副作用

■してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなる)
1.次の人は使用しないこと
(1)本剤またはヨウ素による過敏症状(発疹・発赤,かゆみ,浮腫など)を起こしたことのある人
(2)甲状腺疾患のある人
(3)2歳未満の乳幼児
2.長期連用しないこと
3.大量に使用しないこと
■相談すること
1.次の人は使用前に医師または薬剤師に相談すること
(1)医師または歯科医師の治療を受けている人
(2)妊婦,または妊娠していると思われる人
(3)授乳中の人
(4)本人または家族がアレルギー体質の人
(5)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
(6)患部が広範囲の人または口内のただれがひどい人
2.次の場合は,直ちに使用を中止し,この説明書きを持って医師または薬剤師に相談すること
(1)使用中または使用後,次の症状があらわれた場合
[関係部位:症状]
口:あれ,しみる,灼熱感,刺激感
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:悪心,吐気
その他:胸苦しさ,不快感
まれに次の重篤な症状が起こることがあります
その場合は直ちに医師の診療を受けること
[症状の名称:症状]
ショック(アナフィラキシー):使用後すぐにじんましん,浮腫,胸苦しさなどとともに,顔色が青白くなり,手足が冷たくなり,冷や汗,息苦しさなどがあらわれる
アナフィラキシー様症状:胸苦しさ,むくみ,じんましん,発疹などがあらわれる
(2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合

のどぬーるの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して立てて保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質がかわる)
●使用中に液がこぼれ衣類などが着色したら,すぐに水洗いすること