ルルスプラッシュの効能・用量・副作用など

ルルスプラッシュの特徴

●かぜなどによるのどの痛み・はれをおさえます。
●ジェルが患部に付着して効果を発揮します。
●水溶性アズレンの薬効とl-メントールの清涼感が,のどを爽やかにします。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 口腔咽喉薬(せき,たんを標榜しないトローチ剤を含む)
形状 噴霧剤・噴射式エアゾール 
製造会社 東興薬品工業
販売会社 第一三共ヘルスケア
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 0.2%ピオクタニン水溶液「ホンゾウ」   AZのどスプレータイヨー   AZプラスCPCのどスプレー   DHC トローチ   DHC のどスプレー  



ルルスプラッシュの効能・効果

のどの炎症によるのどの痛み・のどのあれ・のどのはれ・のどの不快感・声がれ,口内炎

ルルスプラッシュの用法・用量

1日数回,適量を患部に噴射塗布して下さい。
(用法関連注意)
(1)息を吸いながら使用すると,薬液が気管支や肺に入ることがありますので,ノズルをのどの患部に向けて,声を出しながら噴射して下さい。
(2)使用中,ノズルが口内にふれないようにして下さい。
(3)使用法を厳守して下さい。
(4)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
(5)目に入らないよう注意して下さい。万一,目に入った場合には,すぐに水又はぬるま湯で洗って下さい。なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けて下さい。

ルルスプラッシュの成分・分量

100g中
アズレンスルホン酸ナトリウム水和物 20mg
(添加物)
l-メントール,ベンゼトニウム塩化物,グリセリン,プロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,カルボキシビニルポリマー,エデト酸Na,ステビア抽出物,塩化Na,pH調節剤

ルルスプラッシュの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人
口内のひどいただれ
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
口:刺激感
3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

ルルスプラッシュの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない涼しい所にキャップを閉めて保管して下さい。
(2)小児の手の届かない所に保管して下さい。
(3)他の容器に入れ替えないで下さい。(誤用の原因になったり品質が変わります)
(4)表示の使用期限を過ぎた製品は使用しないで下さい。
(5)衣服に付着した時は,水で洗い流して下さい。