口内炎パッチ大正Aの効能・用量・副作用など

口内炎パッチ大正Aの基本情報

口内炎パッチ大正A

口内炎パッチ大正A

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 口内炎用薬
形状 貼付剤
製造販売会社 帝國製薬
販売会社 大正製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

口内炎パッチ大正Aの特徴

◆口内炎パッチ大正Aは,“貼る”口内炎・舌炎治療薬です。口腔内ですぐれた付着力をもち,患部を刺激からしっかりカバーし,また,成分が持続的に作用します。

口内炎パッチ大正Aの効能効果

口内炎,舌炎

口内炎パッチ大正Aの用法用量

1患部に1回1枚,1日1?4回,患部粘膜に付着させて用いてください。
*本剤は,5才未満の乳幼児には使用させないでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)本剤は溶けません。時間がたつと自然にはがれます。(無理にはがさないでください)
(3)本剤は口腔内粘膜貼付剤ですから,内服しないでください。
(4)5才以上の小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(5)小児への使用においては,貼付後,指ではがしとるおそれがありますので,注意してください。
(6)使用方法をまちがえると付着しないことがありますから,使用方法をよく読んで正しくお使いください。
(7)はがれたものは飲みこまずに捨ててください。

口内炎パッチ大正Aの成分分量

1枚(1パッチ)中
シコンエキス 0.10mg (シコンとして4.55mg)
グリチルレチン酸 0.15mg
(添加物)
ポリアクリル酸,クエン酸トリエチル,ヒプロメロース,エチルセルロース,ヒマシ油,酸化チタン

口内炎パッチ大正Aの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)症状が慢性的な人。
(4)患部が広範囲(患部を本剤でおおいきれない)の人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください

口内炎パッチ大正Aの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。未使用分はもとの袋に入れ,開封口をきちんと折りまげて保管してください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても,開封後はなるべくはやく使用してください。(品質保持のため)

口内炎パッチ大正Aが気になる人向けのコラム

今が始めどき!「舌下減感作療法」で来年の花粉症がラクになる

今年の春も多くの人が悩まされた花粉症。スギ花粉のシーズンが過ぎ、やっと楽になったと胸をなで下ろしている人が少なくないと思いますが、来年の春のために今からはじめる花粉症治療があります。 一般的な花粉症薬のような対症療法とは違い、花粉症の... 続きを読む

舌の色や形で健康状態が分かる-色・形・舌苔で健康チェック!

鏡に向かって、あ~んと口を開き、自分の舌を見てみましょう。どんな色、形をしていますか?
舌はからだの情報の宝庫。舌には血液がたくさん集まっているために、血液や体液の質およびその過不足が見てとれ、体調などがよくわかります。東洋医学でも、患者... 続きを読む

ほうれい線が消える!7歳若返る「舌回し」でアンチエイジング

お金をかけずに簡単にできるエクササイズとして、いま巷では「舌回し運動」が話題になっています。「顔のラインがすっきりした」「ほうれい線が消えた」といった声も聞かれ、女性にとってうれしい効果が期待できるようです。 (舌回し運動の方法)
や... 続きを読む

舌の周りに歯型があったら『スマホあご』かも-口元のたるみの原因にも

スマホを使っている時、無意識に歯をかみしめていませんか?
「実はスマホを打つ姿勢が食いしばりを誘発、『スマホあご』が増加しているのです」と警鐘を鳴らす、顎専門のカイロプラクター、整顎ドクターこと藤原邦康先生にお話を伺いました。 前傾姿... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む