アセスジュニアの効能・用量・副作用など

アセスジュニアの基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 歯痛・歯槽膿漏薬
形状 その他
製造販売会社 佐藤製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品

アセスジュニアの特徴

●歯ぐきのはれ,出血など,お子様の歯肉炎症状に効果をあらわす医薬品です。歯ブラシにつけて歯ぐきをマッサージするように磨いてください。
●泡が立たず味も甘くないので,使いはじめは違和感があるかもしれませんが,使いなれると口の中がさっぱりして,さわやかな使用感が得られます。
●ピンク色のペースト状で,さわやかなミント味です。

アセスジュニアの効能効果

歯肉炎の諸症状(はれ・口臭・発赤・出血・口のねばり・歯ぐきのむずがゆさ・歯ぐきからのうみ)の緩和

アセスジュニアの用法用量

小児(6?14才):適量(0.5g,約1.5cm)を歯ブラシにつけて,1日2回(朝・夕)歯肉をマッサージするように磨きます。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)一般の歯みがきと同じようにブラッシングした後,水ですすいでください。
(4)歯科用にのみ使用してください。

アセスジュニアの成分分量

カミツレチンキ 0.0125
ラタニアチンキ 0.0125
ミルラチンキ 0.0062
(添加物)
炭酸水素Na,グリセリン,アルギン酸Na,薬用石ケン,ラウリル硫酸Na,D-ソルビトール,サッカリンNa,赤色3号,パラベン,ハッカ油,香料

アセスジュニアの使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
ひどい口内のただれ
2. 使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.使用後,症状が悪化した場合は,使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
4. しばらく使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

アセスジュニアの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4) 乾燥するとかたまって出にくくなりますので,使用後は,キャップをしっかりしめてください。
(5)寒さで硬くなり出し難い場合は,常温で保管すると出し易くなります。
(6) チューブの末端部分が鋭くなっておりますので,ご使用の際に怪我をしないようご注意ください。
(7)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。

アセスジュニアに効果効能が似た薬

アセスジュニアが気になる人向けのコラム

親知らずが生えたらどうすればいい? 抜いたほうがいい場合とは

大人になった頃、あごの一番奥に生えてくるいわゆる「親知らず」は、子どもの歯が生えてきたときのように喜ばれることもありません。反対に、「抜かなきゃいけないのか」と不安がられたり迷惑がられたりする始末。「腫れて痛い思いをした」とか「抜くのにひ... 続きを読む

あなたは大丈夫?歯周病が分かる10個のチェックポイント

歯周病は、歯ぐき(歯肉)など歯を支える歯周組織が歯周病菌による炎症で徐々に破壊されていく病気の総称で、成人の抜歯原因の第1位です。虫歯と違って痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目でも進行がわかりにくいため、気がつかないうちに抜歯が必要... 続きを読む

口臭を引き起こす「ドライマウス」てどんな病気?

ドライマウスとは

唾液(だえき)分泌量が低下して唾液の質に異常を来し、のどが渇いたり口のなかが乾燥し、痛みや不快感が生じます。
口腔乾燥症(ドライマウス) - goo ヘルスケア


クッキーやクラッカーなど水分の少ない食品... 続きを読む

ピンクの服を着ると女性ホルモンが増える? カラーパワーの秘密

色には人を動かす力があると言われています。色は視覚に直接訴えることで心理や生理に大きな影響をもたらし、人の心や態度を動かす力になります。この色のパワーを効果的に使えば、自分の気持ちや行動を変えることができるだけでなく、周りの人の気持ちにも... 続きを読む

口の中でとろける!霜降り和牛のおいしさの秘密とは?

値段が高く、高級なイメージのある霜降り和牛。めったに食べられないけれど、あのとろける味が忘れられないという人も多いはず。なぜあんなにおいしいのでしょう。肉のおいしさを研究する日本獣医生命科学大学の松石昌典教授にうかがいました。 脂肪が... 続きを読む