アセスジュニアの効能・用量・副作用など

アセスジュニアの特徴

●歯ぐきのはれ,出血など,お子様の歯肉炎症状に効果をあらわす医薬品です。歯ブラシにつけて歯ぐきをマッサージするように磨いてください。
●泡が立たず味も甘くないので,使いはじめは違和感があるかもしれませんが,使いなれると口の中がさっぱりして,さわやかな使用感が得られます。
●ピンク色のペースト状で,さわやかなミント味です。

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 歯痛・歯槽膿漏薬
形状 ブラッシング剤・デンタルペースト 
製造会社 佐藤製薬
販売会社
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第3類医薬品
同じ分類の薬 G・U・Mメディカル マージナルポイントケアA   アセス   アセスE   アセスL   アセスメディクリーン  



アセスジュニアの効能・効果

歯肉炎の諸症状(はれ・口臭・発赤・出血・口のねばり・歯ぐきのむずがゆさ・歯ぐきからのうみ)の緩和

アセスジュニアの用法・用量

小児(6~14才):適量(0.5g,約1.5cm)を歯ブラシにつけて,1日2回(朝・夕)歯肉をマッサージするように磨きます。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を厳守してください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)一般の歯みがきと同じようにブラッシングした後,水ですすいでください。
(4)歯科用にのみ使用してください。

アセスジュニアの成分・分量

カミツレチンキ 0.0125
ラタニアチンキ 0.0125
ミルラチンキ 0.0062
(添加物)
炭酸水素Na,グリセリン,アルギン酸Na,薬用石ケン,ラウリル硫酸Na,D-ソルビトール,サッカリンNa,赤色3号,パラベン,ハッカ油,香料

アセスジュニアの使用上の注意と副作用

■相談すること
1. 次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
(3)次の症状のある人。
ひどい口内のただれ
2. 使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.使用後,症状が悪化した場合は,使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください
4. しばらく使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者にご相談ください

アセスジュニアの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。
(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4) 乾燥するとかたまって出にくくなりますので,使用後は,キャップをしっかりしめてください。
(5)寒さで硬くなり出し難い場合は,常温で保管すると出し易くなります。
(6) チューブの末端部分が鋭くなっておりますので,ご使用の際に怪我をしないようご注意ください。
(7)使用期限をすぎた製品は,使用しないでください。