デンタルクリームの効能・用量・副作用など

デンタルクリームの特徴

◆ムシ歯は,歯に付着した食べかすが口中の細菌によって分解されて歯垢となり,歯の表面のエナメル質を破壊し,さらにムシ歯の細菌が,歯髄に感染して化膿を起こす病気で激しい痛みを伴います。
◆デンタルクリームは,口腔内の痛みを速やかに鎮め,化膿を防ぐ4種の成分を,効果的に配合した医薬品です。
〔ノーエチ薬品(株)販売より〕
■デンタルクリームの作用機序
W処方
患部を殺菌
塩化セチルピリジニウム+l-メントール
局所麻酔作用
※痛みを鎮めます。
ジブカイン塩酸塩+アミノ安息香酸エチル
〔森下仁丹(株)販売より〕

デンタルクリーム

デンタルクリーム

処方薬/市販薬 (OTC) 市販薬 (OTC)
分類 歯痛・歯槽膿漏薬
形状 塗布剤 
製造会社 万協製薬
販売会社 日邦薬品工業
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品
同じ分類の薬 G・U・Mメディカル マージナルポイントケアA   アセス   アセスE   アセスL   アセスジュニア  

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。



デンタルクリームの効能・効果

虫歯,歯根炎,歯肉炎等による歯痛,歯槽膿漏,口内炎,口角炎

デンタルクリームの用法・用量

1日数回,適量を清潔な指先,または脱脂綿につけて,患部に塗擦してください。
虫歯には,そのくぼみ並びに歯肉に塗布してください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤は歯科用にのみ使用し,眼科用その他に使用しないでください。
(4)局所麻酔成分が入っているため,塗布した部位にしびれを感じることがあります。

デンタルクリームの成分・分量

100g中
ジブカイン塩酸塩 1g
アミノ安息香酸エチル 0.3g
セチルピリジニウム塩化物水和物 0.1g
l-メントール 0.1g
(添加物)
ポリソルベート80,ポビドン,ゲル化炭化水素,香料

「デンタルクリーム」を含むQ&A

もっと見る

デンタルクリームの使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.しばらく使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

デンタルクリームの保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。〔森下仁丹(株)販売に記載〕