歯痛剤新今治水の効能・用量・副作用など

歯痛剤新今治水の基本情報

 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 歯痛・歯槽膿漏薬
形状 液剤
製造販売会社 丹平製薬
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

歯痛剤新今治水の特徴

液剤タイプの「新今治水」は,キャンフェニック処方(カンフル・フェノール・アルコールの配合)を応用してつくられた歯痛のお薬です。歯の痛いところに直接作用して,すみやかに痛みを鎮めます。

歯痛剤新今治水の効能効果

むし歯・浮歯・歯の根の痛みを鎮める。

歯痛剤新今治水の用法用量

薬剤をしみ込ませた綿球を,むし歯の穴に押し込んでください。
(用法関連注意)
(1)定められた用法をおまもりください。
(2)痛みのある歯の空洞以外の箇所には塗布しないでください。
(3)小児に使用させる場合には,保護者の指導監督のもとにご使用ください。
(4)本剤は歯科用にのみ使用し,眼科用その他に使用しないでください。
(5)本剤は歯の硬歯質(エナメル質・象牙質)を傷めませんが,歯以外のところに余分についた場合には一時的に食味などを変化させることがあるのでガーゼ等でふきとってください。
(6)誤って口のまわりや顔などについた場合は,ただちに水でよく洗ってふきとってください。

歯痛剤新今治水の成分分量

100g中
チョウジ油 0.3g
フェノール 5g
dl-カンフル 10g
ケイヒ油 2.5g
l-メントール 0.1g
ジフェンヒドラミン塩酸塩 2g
ジブカイン塩酸塩 0.1g
塩酸パラブチルアミノ安息香酸ジエチルアミノエチル 0.03g
サンシシチンキ 15.07g
(添加物)
プロピレングリコール,エタノール

歯痛剤新今治水の使用上の注意と副作用

■してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)
次の部位には使用しないでください。
歯ぐき,唇
■相談すること
1.次の人は使用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
3.5?6回使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください。

歯痛剤新今治水の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)火気に近づけないでください。
(4)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(5)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。なお,使用期限内であっても開封後は品質保持の点からなるべく早く使用してください。

歯痛剤新今治水に効果効能が似た薬

歯痛剤新今治水が気になる人向けのコラム

リカルデント(CPP-ACP)

歯の治療は、むし歯を削って詰め物を入れたら完了と思っていませんか?
実は、詰め物をした歯は、よりむし歯になりやすくなっているんです。それをリカルデントが防いでくれます。
ちなみにリカルデントは登録商標で、正確な名称はCPP-ACP(カゼ... 続きを読む

赤ちゃんのむし歯予防は妊娠中から? むし歯をうつさない生活とは

もしもむし歯に悩んだことのある女性なら、自分に赤ちゃんが生まれたら丈夫な歯で育つように気をつけてあげよう、と考えるかもしれませんね。赤ちゃんのうちから歯の健康を考えてあげることは、その子の一生にとって大きな贈り物になるにちがいありません。... 続きを読む

健康で美しい歯とは? 噛み合わせが悪いとなぜいけないのか

健康な歯をしている人は、実は見た目も自然と美しくなります。ここでいう「美しい」とは、つくられた美しさではなく、自然な美しさのことをいいます。自然な美しさは、実は「機能美」でもあります。この「機能美」が確立されていないと、顎関節症、歯ぎしり... 続きを読む

冷たいものが歯にしみる「知覚過敏症」-歯ブラシや歯ぎしりが原因

冷たいものを飲んだりうがいをすると歯にしみてズキンとする、歯ブラシがふれただけで痛いという人はいませんか?
そんなとき、むし歯かなと思って歯科医を受診すると「知覚過敏症」といわれることがあります。知覚過敏症とは、むし歯ではないのに歯がしみ... 続きを読む

美しい歯は日頃のお手入れが肝心-定期的な検査と歯磨きのコツ

6月4日から10日までは「歯の衛生週間」。歯の大切さは今さら言うまでもないでしょう。私たちは食物を摂取することで生命を保っています。それには健康な歯と歯ぐきの存在が欠かせません。健康な歯で食物を十分にかみ砕き、消化器に送り込み、体を形づく... 続きを読む