口紫湯の効能・用量・副作用など

口紫湯の基本情報

口紫湯

口紫湯

お調べの商品と梱包や本体のデザインが違う場合は、薬剤師にお尋ねください。


 

処方薬/市販薬 OTC医薬品
分類 その他の歯科口腔用薬
形状 その他
製造販売会社 建林松鶴堂
医薬品区分 一般用医薬品
リスク区分 第2類医薬品

口紫湯の特徴

「口紫湯」は咽喉,口内,口唇の瘡,荒れ,腫痛を改善するために,17種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。

口紫湯の効能効果

咽喉,口内,口唇の瘡,荒れ,腫痛

口紫湯の用法用量

本品1包を煎じる容器(鉄製のものは使用しない)に入れ,水550mL(約3合)を加えて火に掛け,沸騰したら弱火にし,ふきこぼれないように気をつけながら約半量となるまで煎じ,成人1日量とし食間に服用します。
[年齢:1回量:1日服用回数]
成人:1日分の1/3量:3回
7歳以上15歳以下:成人の1/2量:3回
4歳以上7歳未満:成人の1/3量:3回
2歳以上4歳未満:成人の1/6量:3回
2歳未満:服用しないこと
(用法関連注意)
食間とは,食後2?3時間を指します。
(1)服用に際しては人肌程度に温めて服用すること。
(2)小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。

口紫湯の成分分量

1包(18.9g)中
ニンジン 1.0g
カンゾウ 0.5g
サンシシ 1.0g
セッコウ 1.0g
ソウジュツ 1.0g
ボウフウ 1.0g
ゴボウシ 1.0g
ケイガイ 1.0g
オウレン 2.0g
ショウマ 1.5g
カロコン 1.5g
トウキ 1.5g
ジオウ 1.5g
ボタンピ 1.5g
ブクリョウ 1.5g
ショウキョウ 0.2g
タイソウ 0.2g
(添加物)
添加物は含有していません。

口紫湯の使用上の注意と副作用

■相談すること
1.次の人は服用前に医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師又は歯科医師の治療を受けている人。
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
(3)胃腸が弱く下痢しやすい人。
(4)今までに薬などにより発疹・発赤,かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
[関係部位:症状]
皮膚:発疹・発赤,かゆみ
消化器:吐き気,食欲不振,胃部不快感,下痢
3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,歯科医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

口紫湯の保管上の注意

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)煎じた薬液は,冷蔵庫に保管してなるべく早めに服用してください。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

口紫湯に効果効能が似た薬

口紫湯が気になる人向けのコラム

口唇ヘルペス-紫外線の浴びすぎで再発?赤ちゃんや病人との接触に注意

くちびるによく水ぶくれができるという方はいませんか?
それはもしかしたら、口唇ヘルペスかもしれません。こういう人は、海や山へ出かけたりして紫外線にさらされやすい夏は、特に気をつける必要があります。
口唇ヘルペスはくちびるや口の周りに小さ... 続きを読む

口内炎の3つのタイプ-口内炎だと思ったらがんだった3つのケース

口の中の小さなできもの「口内炎」。たとえ小さくても、舌で触れたり、食事をするたびに痛んで、とても気になりますね。
口内炎は口の中の粘膜に起こる炎症の総称で、舌や唇、歯ぐき、頬の内側など、さまざまな場所にできます。原因もいろいろですが、代... 続きを読む

口内炎は「疲れ」のサイン?-口内炎の原因4つと改善・予防法

気がつくと口の中にできている厄介者“口内炎”。放っておいても治るものがほとんどですが、食事のたびにしみて痛いし、気になっていやなものですよね。なかにはひんぱんにできて「また口内炎か!」と憂うつになる人もいるのでは?
口内炎は、口の中の... 続きを読む

帯状疱疹と単純ヘルペスの違いとは? ヘルペスの治療法

ヘルペスとは小さな水ぶくれが集まった状態のことで、一般にヘルペスウイルスの感染によって発症する病気をさします。帯状疱疹(たいじょうほうしん)と単純ヘルペスに分けることができ、この二つはウイルスの種類が異なります。
帯状疱疹は、激しい痛... 続きを読む

最近流行りのパープル・フードダイエットとは?

パープル・フード
パープルフードダイエットとは、一週間に三回紫色の食べ物だけを食べるダイエット方法で、なぜ紫色の食材を食べると痩せるのかと言いますと、抗酸化物質が含まれているからなのです。
果物や野菜の赤色や青紫色を呈するアントシアニ... 続きを読む